すぐわかるわっ! チャラい男性が着ている「スーツ」6パターン

写真拡大

見るからにチャラい男性は、しぐさや話し言葉だけでなく、身なりもチャラいものですよね。そんなチャラい男性がよく着ているようなスーツの特徴はどのようなものがあると思いますか? 女性にアンケートで聞いてみました。

■1、ピタッとしたサイズの細身のスーツ

・「サイズがぴったりの細身のスーツ。チャラさが際立ってて嫌だ」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「細身すぎなスーツ。見た目がナルシシストっぽいから」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

体のラインにぴったりと張り付くかのような細身のスーツは、なんだかチャラい印象があるという女性が多いよう。こうした細身のスーツには、デザイン性の高いものが多いイメージがあるのかもしれませんね。

■2、真っ白でド派手なスーツ

・「白いスーツだったり、シャツの色が派手」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「白など派手な色味のスーツを着ている」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

チャラい男性というと、真っ白で派手な印象のスーツを思い浮かべる女性も多いようです。胸ポケットに真っ赤なバラを1輪刺したりしていると、スーツに映えそうですよね。

■3、ストライプなどの柄入りのスーツ

・「柄が多いイメージ、ストライプとかが多い」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「ストライプ。柄が入っているほうがオシャレだと思っていそう」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

ストライプ柄が入っているようなスーツも、チャラい男性が着るようなイメージがあるようです。スーツ自体は決して派手でもチャラいわけでもないのだと思いますが、デザイン性の高さなどがそう思わせるのかもしれませんね。

■4、テカテカした素材のスーツ

・「テカテカギラギラしている。靴が尖っている」(29歳/団体・公益法人・官公庁/そのほか)

サテン地のスーツや、生地にラメ素材が織り込まれているなど、光を反射させるようなスーツも、チャラい男性が着ているイメージにつながるようです。ビジネススーツにはない外し感が、チャラく見せるのかもしれません。

■5、ベストがついているスーツ

・「ベスト付きのやつを着ているイメージ」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「柄ありの派手なベストを着ている」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

スーツの中にベストを重ねて着る着こなしもありますが、ベストが柄物などオシャレ度が高いものなどの場合、チャラい印象になりがちなようです。うまく着こなせばかっこいいと思うのですが……。

■6、ブランド物でとにかく固めようとする

・「やたら、似合わないブランド物を着ている。ブランド物だったらいいと思っているから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「みんなとおそろいのスーツやブランド物とわかるスーツを堂々と来ている」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

ブランドスーツを着ておけばとりあえずかっこよく見えるだろう、という浅はかな気持ちが透けて見えそうなケースでも、逆にチャラさを強調してしまうようです。ブランド物であっても本人に合っているかどうかが重要ですよね。

■まとめ

デザイン性が高く、ファッション要素の高いスーツでも、着こなし次第でかっこよくもなればチャラくもなります。特に柄入りのスーツは、チャラさを引き立てる場合が多いようですので、着こなしテクニックが必要になるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月5日〜2016年12月18日
調査人数:100人(22〜34歳の働く女性)