T3Rはオンラインでアップデートが可能なため常に最新の状態を体感できる

写真拡大

世界中から集められた貴重なクラシックカーが展示されている「GLION MUSEUM」(大阪市港区)では、「GT-Rフェスタ」を1月7日(土)から9日(祝)まで開催する。イベントでは、同ミュージアムに導入される、最新のVR技術を駆使したドライブシミュレーター「T3Rシミュレーター」が、西日本で初めてお披露目される。

【写真を見る】R32GT-Rコンプリートカー「ORR32」の展示・受注会も実施

「T3Rシミュレーター」は、現役のプロレーシングドライバーが開発したドライブシミュレーター。

世界中のサーキットやレーシングカーが内蔵されたレーシングソフトウェアから選択し、本物さながらのドライビングをバーチャル体験できる。実際にプロのF1レーサーも練習に使用しており、実際のサーキットで走行した時と同じタイムが出るほど、サーキットやレーシングカーがリアルに再現されている。イベント期間中は、10分1500円でT3Rシミュレーターを体験することが可能。

また、同イベントでは、歴代のGT-Rが館内に一挙に展示。エンジン音も聞ける他、ミュージアムで3000円以上の買い物をした人は、助手席に乗って走行体験もできるようになっている。

最先端のVR技術でリアルなドライビング体験ができるドライブシミュレーターのお披露目や、クラシックカーの展示など、車好き、GT-R好きにはたまらないイベント。3連休のおでかけに是非!【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】