6日、陝西新聞網によると、中国陝西省咸陽市で3日、プールに遊びに来た4歳の男の子が母親のすぐ近くで溺死するという事故が起きた。資料写真。

写真拡大

2016年1月6日、陝西新聞網によると、中国陝西省咸陽市で3日、プールに遊びに来た4歳の男の子が母親のすぐ近くで溺死するという事故が起きた。母親はスマートフォンに夢中になっており、異変に気付かなかったという。

当時、男の子はプールの中を歩いていたが、途中で突然もがき始めた。母親から3〜4メートルという距離だったが、母親は男の子に背を向ける格好でスマホに熱中。男の子はその数分後に水中に沈み、発見されたのはそれから1時間以上たった後だった。

母親の話によると、自身は山東省出身で、数日後には地元に帰って春節(旧正月)を迎える予定だった。事故を受け、プールは4日午前の営業を休止、公安や安全監督当局などが調査チームを立ち上げ調査を進めているが、中国のネット上には「無責任な母親だ。過去の事故の教訓が生かされていない」「海外ならこんな母親は監獄行きだ」など母親を非難するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/野谷)