寒い日が続き、肌の乾燥がつらい日々ですね。
顔や手や足など、目が届くところはケアしやすいものですが、頭皮は自分で見えないのでケアの難しいところといえます。でも、頭皮の少しのかゆみやフケをそのままにしていると、ひどくなってしまうこともあるので注意が必要です。
まずは、頭皮が乾燥してしまう原因を知ることで対処できることがあります。
育毛の観点からも、頭皮トラブルの対処法を理解しておきましょう。

1


頭皮のかゆみはどうして起きる?

ぶり返す頭皮のかゆみの原因はいろいろありますが、毎日しっかりシャンプーをしているのに頭全体がかゆい場合は、乾燥による頭皮のかゆみが考えられます。その場合のチェック方法として、
■熱めのお湯でシャンプーするのが好き
■強い力でゴシゴシ洗うのが好き
■ドライヤーで乾かさない(頭皮が少し湿っていても乾かすのをやめてしまう)
■スタイリング剤を地肌近くまでよくつける
■暖房の風が直接当たる場所にいることが多い
以上の中で、ひとつでも当てはまることがあれば、かゆみの原因が頭皮の乾燥になっている……と考えることができます。

例えば、×暑いお湯でシャンプーするのが好き

○少しぬるめのお湯でシャンプーをする
といったように、いつもの習慣にひと手間加えることで、かゆみやフケを解消できるかもしれません。さらに、次のことにも気をつけてみましょう。
○ 爪を立てないよう優しく頭皮を洗う
○ ドライヤーで頭皮をしっかり乾かす
○ スタイリング剤は頭皮につかないよう気をつける
○ 暖房が直接当たる場所を避ける
加えて上記以外にも、頭皮の乾燥防止だけでなく、体にとってもいい次のことに気をつけることが大切です。
○ 日々の栄養のバランスを整える
○ 血行をよくする
○ ストレスをためない
○ 快眠をとる
特に、フケがひどい人であれば、洗浄力の強いシャンプーは避けるようにするとよいでしょう。
早速、今夜からトライしてみてください。

シャンプー時は頭皮をゴシゴシ洗わず、指の腹で揉むように


フケを防ぐためにしたいこと

頭皮の乾燥が原因で肩先に落ちるパラパラとした細かいフケは、上記のかゆみに対する方法でも解決すると考えられますが、フケとひと口に言っても次の2種類があります。
❐乾燥が原因と考えられる、パラパラとした細かいフケ
❐皮脂が原因と考えられる、ベタベタとした質感のフケ
さらに、上記以外にもアレルギーや、湿疹によってフケが出ることもありますが、乾燥によるフケの場合は、乾燥状態を改善することが大切ですので、頭皮専用の美容液をつけて乾燥を防ぎましょう。
冬の乾燥による頭皮トラブルは、なかなか治りにくいものが多いのですが、「どうしてフケが発生しているのか」をあらためてみつめて直すと、冒頭で触れた条件下に当てはまる人も多いはず。
小さなことやちょっとしたことからになりますが、日々の生活の中で対処することが、頭皮トラブルから脱出する第一歩となるはずです。
──   最近は様々なタイプの頭皮用美容液や化粧水、そして育毛剤が市販されています。肩にフケがたくさんついていると不潔なイメージを持たれてしまいますので、乾燥、かゆみを放置している人は、ドラッグストアで自分に合ったものを選んでみることから始めてみてくださいね。

頭皮の乾燥の効能をうたった育毛剤もあります