草なぎ剛、天才詐欺師に!

写真拡大

 昨年末に解散したSMAPの草なぎ剛が6日、都内で行われた連続ドラマ「嘘の戦争」制作発表会見に出席。正月を掃除と寝ることに費やしてリフレッシュしたという草なぎは、今年初となる公の場での仕事に緊張しながらも、「この作品で2017年を爽やかにスタートさせたい」と意気込んだ。

 本作は、草なぎ主演のドラマ「銭の戦争」(2015)に続く復讐シリーズの第2弾。幼いころに家族を殺された浩一(草なぎ)が天才詐欺師となり事件関係者に復讐していくさまを、それを阻もうとする大企業社長との熾烈な戦い、浩一をめぐる女性2人との三角関係を交えて描く。

 草なぎは「明けましておめでとうございます」と清々しい表情で新年のあいさつを済ませると、「素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんと2017年、この仕事でスタートできることが本当に幸せ。いま僕が持っている力をすべて注ぎ込める作品です」とアピール。また、先にあいさつした三宅喜重(演出・プロデュース)を引き合いに出し、「なんであんなに緊張してるんだ? と思ったけど、自分があいさつすると緊張するものだな……と。いま俺が大丈夫か? ってなってる。いやぁ参りましたね」と照れ笑いをする場面もあった。

 正月の様子や今年の抱負を聞かれ、「家の掃除をしてました。あと今年はずっと寝てました」と草なぎ。現時点で部屋の様相は片づける前と同じになってしまったそうで、「今年は大掃除をやめようと思って(部屋を)出てきた次第です」と話して会場を笑わせる。そして「『新しい気持ちで』このドラマから始まるので、精いっぱいやって吸収できるものがあればいいなと思っている。とにかく頑張りたい」と重ねて意欲を見せた。

 この日は藤木直人、水原希子、菊池風磨(Sexy Zone)、マギー、山本美月、安田顕も来場。作品にちなんで「最近ついた嘘」を問われた菊池は、年末に放送された「第67回NHK紅白歌合戦」に Sexy Zone として出場した際、草なぎに「4番目か5番目に歌うと思います」と言ったものの「実際は9番目だった」そうで、「シンプルに嘘ついちゃって申し訳ありませんでした」と謝罪。そんな菊池に草なぎは「大丈夫。見たから。風磨くんが一番格好良かった」と優しい言葉をかけて安心させていた。(取材/錦怜那)

ドラマ「嘘の戦争」(毎週火曜よる9時〜)は1月10日より関西テレビ系で放送開始