うちの嫁、いいだろー!! 「結婚してよかった」と思う、妻の神対応・6つ

写真拡大

結婚後「こんな人と結婚するんじゃなかった!!」と大いに後悔する人もいれば、「本当にこの人と結婚できてよかったなぁ」としみじみ感じる人もいます。できることなら、お互いに後者のようなことを感じられる夫婦になりたいものですが、一体、男性たちはどんなときに、妻に対して「結婚してよかった!」と感じるのでしょうか? 既婚男性たちに、その実体験を教えてもらいました。

■「ありがとう」を伝えてくれる

・「いつも感謝の気持ちを伝えてくれる」(34歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

「ありがとう」という非常に単純な感謝の言葉は、忘れられてしまうこともしばしば。だからこそ、常にその感謝の言葉を忘れずに、伝えてくれる存在を大事に思うのでしょうね。

■夫を立ててくれる

・「自分の親や友だちの前では、すごくできる男だと言ってくれる」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

男性にとって「夫を立てられる女性」というのは、非常にありがたい存在。他人に対して、自分の欠点を言いふらし、評価を下げるような妻ではなく、評価が上がるようなことをしてくれるとうれしく感じるのでしょうね。

■一緒に困難を乗り越えてくれる

・「困難にぶつかっても何か解決策を見つけて進んでくれる」(38歳/学校・教育関連/その他)

夫婦にとって、壁にぶち当たってしまったときに、お互いを支え合えることは、とても重要なこと。困難を一緒に乗り越えることで、より絆が深まるのです。

■疲れたときに甘えさせてくれる

・「疲れたときや、癒してほしいときに何も言わず甘えさせてくれる」(39歳/自動車関連/その他)

・「疲れたときに帰ってくると、癒してくれる」(36歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

精神的、肉体的に疲れているときに、やさしく癒し、心のよりどころになってくれる妻だからこそ、結婚してよかった、としみじみ感じるのですね。

■自分の家族も大事にしてくれる

・「自分の親戚とも積極的に会うところ」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「いつも自分や自分の両親のことを心配してくれていること」(35歳/自動車関連/技術職)

義理の家族とは疎遠になってしまう女性もいるかもしれません。結婚したらお互いの家同士がつながるわけですから、積極的に夫の家族のことも考えてくれる妻でいてほしいと思うのでしょうね。

■料理がおいしい

・「毎日おいしい料理が出てきて献立も多い」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「料理がうまく、疲れを癒してくれたとき」(32歳/食品・飲料/営業職)

食事は、生活の基盤。その食事をおいしく作ってくれる人がそばにいたら、感謝せずにはいられないでしょう。結婚を後悔することも、もちろんないはずです。

■まとめ

結婚したことを後悔し、離婚をする人も世の中にはたくさんいますが、そんな夫婦ばかりではありません。結婚を心から「してよかった!」と思っている人もたくさんいます。パートナーに対して多少の不満があったとしても、「結婚してよかった」と思える関係を築いていきたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月8日〜12月12日
調査人数:152人(23歳〜39歳の既婚男性)