みなさん、お正月をいかがお過ごしでしたでしょうか。美味しいご飯やお酒をついつい食べ過ぎ飲み過ぎてしまって、胃腸が疲れていたりしていませんか。

お正月で疲れた胃腸には七草粥を食べると良いと聞きますが、この七草粥にはどのような効果があるのでしょうか。

今回は栄養士の横川先生に七草粥の意味、由来、健康効果や、家庭でできる七草粥レシピを解説していただきました。

七草粥とは


お正月休みで疲れた胃腸を休ませ、回復をサポートしてくれる七草粥は、五節句(※)の1つ、人日の節句(1月7日)の朝に食べられる行事食です。

昔は早春に、一番に芽吹く七草は、邪気を払うとされ、「正月の七日に春の七草を摘み、これを神前に供えてから食べれば、その年は病気にかからない」という中国から入ってきた考えのもと、1年の無病息災を願う、厄払いの意味が昔は強くありました。

また、野菜が不足がちな年末年始(冬)のビタミンやミネラルの補給のほか、日常の食生活に戻るひとつの区切りとなっています。

当初は「あつもの(熱汁)」という熱い汁料理でしたが、室町時代あたりに粥に、そして江戸時代には、行事として一般庶民にも広まったそうです。

※五節句……1月7日(人日の節句)、3月3日(上巳・桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)をさします。

七草粥を食べる時間



食べる時間は、厄払いの意味を込めて、神様に備えてから家族で食べるため、1月7日の朝が基本です。

またお粥は消化がよく、おなかに優しいので、まだあまり胃腸が働いていない起き掛けの朝メニューにはおすすめです。

七草の種類とそれぞれが持つ意味

1:セリ(芹)



■意味
競り勝つ

2:ナズナ



■意味
撫でて汚れを除く 

3:ゴギョウ



■意味
仏体

4:ハコベラ



■意味
繁栄する

5:ホトケノザ



■意味
仏の安座

6:スズナ



■意味
神を呼ぶ鈴音

7:スズシロ



■意味
汚れのない清白

七草粥が苦手な人向けのアレンジ


生の七草そのものを使う場合は、さっと下茹ですることで土臭さが緩和されます。

また、フリーズドライの七草セットの利用や、お気に入りのおだし汁で味付けしたり、香りが高いごま油や醤油などを入れ、臭みを和らげることもおすすめです。

お好みでコンソメや中華だしなどを入れて、作る方も増えてきています。

ご家庭でできる簡単な七草粥レシピ

炊飯器でつくる焼き鮭入り七草粥


■材料(4人分)
・米:1カップ
・だし汁:7カップ(※炊飯器のお粥のメモリまで水を入れる)
・七草セット:1パック
・鮭:2切れ
・塩:お好みで
・白ごま:お好みで

■作りかた
1:米を研いで炊飯釜に入れ、だし汁を入れる。

2:スズシロ(大根)とスズナ(かぶ)は、薄切り、その他の七草の葉は細かく刻んでおく。
(※アクが気になる方は、さっと茹でてから切り、水気を絞っておきましょう)

3:炊飯釜にスズシロ(大根)とスズナ(かぶ)を入れ、お粥モードで炊飯する。その間に焼き鮭を作って、フレーク状にしておく。

4:炊き上がったらほぐした焼き鮭と刻んだ葉、お好みで塩を入れ、蓋をして5分ほど蒸らす。

5:最後に器に盛って白ごまをふったら出来上がり。

■ポイント
水は6カップだと硬めのお粥になります。また水の量は炊飯器に既定の分量があれば、それに従いましょう。間違うと吹きこぼれの原因になります。

味付けはお正月の疲れを癒す食事にもしたいため、あまり濃くないようにして、あっさりとした塩味に調整されることがおすすめです。

しかし、どうしても草っぽい香りや味が苦手な方はやや濃い目に味つけるのも手でしょう。

最後に横川先生から一言


今は七草粥をリゾット風にしたりと、いろんなアレンジをしている方を多くみかけます。

あなたもオリジナルの七草粥を作ってご家族やご自身の無病息災を願ってみてくださいね!

(監修:栄養士 横川仁美)