SM、米ラスベガスで開催される「CES 2017」に参加…新しいライフスタイルデバイスブランドを披露

写真拡大 (全2枚)

SMエンターテインメントが世界最大の家電見本市「CES 2017」に参加し、差別化されたSMのセレブリティとコンテンツをAI(人工知能) と結合させた新しいライフスタイルデバイスブランドWythを披露した。

SMは1月5日から8日まで、米ラスベガスで開催される「CES 2017」に参加し、「セレブリティと共にするライフスタイル」をテーマに、Sands Expoの2階にSM単独展示館を開いた。

コンテンツ、サービスプラットフォーム、デバイスの緊密な結合が重要なAIベースのIoT(モノのインターネット) 環境で、SMは「CES 2017」に参加し、Wythのプロトタイプコンセプトを発表し、コンテンツ、セレブリティ、デバイスのデザインを提供し、様々なデバイス及びサービスプラットフォーム業者とコラボを模索するという戦略だ。

この日の展示でSMは少女時代、EXOなどセレブコンテンツを結合した「Wyth AIアシスタント」のプロトタイプコンセプトのデモを披露し、AIのスピーカータイプではSUPER JUNIOR-Mのヘンリーの声で状況に合わせた自身だけのプレイリストを推薦し、少女時代のティファニーは画面に登場して天気情報、ラジオのキュレーションなどを提供するのはもちろん、デモを披露する人と共にデュエットで歌を歌うなど、AIサービスを披露し、観覧客の視線をひきつけた。

今回のデモはプロトタイプ形式で行われ、技術的な部分など様々な業者とのコラボを通じて今後解決しなければならない課題が残されているが、エンターテインメント企業がセレブとAIの結合を具体的に具現化して展示し、セレブAI時代に対するビジョンを提案した点には大きな意味があるといえる。