カン・ドンウォン&キム・ウビン、映画「マスター」感謝の記念ショットを公開…観客動員数600万人突破

写真拡大

映画「マスター」が600万人を突破した。

本日(6日) 映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークの集計によれば、「マスター」は同日午後2時30分基準で、累積観客数600万132人を記録した。

これは公開17日目に成し遂げた快挙だ。「マスター」は昨年12月に公開した作品の中で、歴代最短期間である公開3日目で100万人、4日目で200万人、5日目で300万人、9日目で400万人、12日目で500万人の観客を突破して、圧倒的な興行パワーをアピールした。公開3週目に突入したが、興行と前売り率で上位圏を維持しながら、ロングヒットを続けている。

また、「マスター」側は、600万人突破を記念して感謝の記念ショットを公開した。「マスター」のチョ・ウィソク監督とカン・ドンウォン、キム・ウビンがそれぞれ“助監督”、“キム・ジェミョン”、“パク・チャングン”と書かれた帽子をかぶったままポーズを取っている。