6年間ビルの屋上で生活 (C) 2014 Schatzi Productions/
Filmhaus Films. All rights reserved

写真拡大

 ドキュメンタリー映画「ホームレス ニューヨークと寝た男」に出演するファッションモデル兼フォトグラファー、マーク・レイが、配給会社ミモザフィルムズと協力し、「日本で就職する」ためのクラウドファンディングを立ち上げた。

 映画は、住居を持たず米マンハッタンのビルの屋上で6年間も寝泊りしながらモデル業を行っているレイに密着し、独創性あふれるライフスタイルを明らかにするもの。音楽をクリント・イーストウッドの息子でジャズベーシストのカイルが手がけており、米ニューヨーク・ドキュメンタリー映画祭2014で、優れたドキュメンタリー作品に与えられるメトロポリス・コンペティション審査員賞を受賞した。

 今回のクラウドファンディングは、レイの強い要望を受けてのもの。2016年11月にミモザフィルムズの招待を受け来日したレイは「日本に恋に落ちた。今の僕の夢は、また日本に戻り就職活動をすることだ」と思い立ち、プロジェクトのスタートにいたったという。クラウドファンディングは、特設サイトで実施中(https://motion-gallery.net/projects/hommeless)。支援者には鑑賞券やオリジナルグッズのほか、映画の公開初日に実施されるポートレート撮影会への参加権、レイによる英会話レッスンや、ニューヨーク1日ガイドを受けられるというユニークな特典が用意されている。集まった資金は、1月28日に行われるレイの初日舞台挨拶と就職活動のための渡航費と宿泊費にあてられる。

 「ホームレス ニューヨークと寝た男」は、1月28日から全国順次公開。