写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マイクロソフトは1月5日(米国時間)、CES2017において、コネクテッドカーの構築を可能とするプラットフォーム「Microsoft Connected Vehicle Platform」を発表した。

同プラットフォームは自動車メーカー各社が独自のネット接続によるドライビング体験を提供することを目的としたMicrosoft Azure上に構築されたサービス群で、「予防保守(predictive maintenance)」、「車内プロダクティビティの向上(improved in-car productivity)」、「先進的ナビゲーション(advanced navigation)」、「顧客のインサイト(customer insights)」、「自動運転(autonomous driving)」という5つの中核シナリオへの対応を重視したものとなっている。

これにより、コネクテッドカーに搭載されたセンサなどから生み出されるデータをクラウド上に収集することが容易となり、自動車メーカーがそれを有効活用することで、さまざまな課題を解決できるようになると同社では説明している。

なお、同プラットフォームは2017年後半にパブリックプレビューが提供される予定だという。

Microsoft Connected Vehicle Platform - Intro

(小林行雄)