若く活動的な人に「高齢者」は似合わない(画像はイメージで記事との関連はありません)

写真拡大

日本老年学会と日本老年医学会は、2017年1月5日に、「高齢者」として定義する年齢を65歳以上から75〜89歳に見直し、これまで高齢者とされてきた65〜74歳は、「准高齢者(pre-old)」として、「社会の支え手であり、モチベーションを持った存在と捉えなおす」という提言を発表した。90歳以上は「超高齢者」になる。

学会では、2013年に医師や看護学・人間福祉学・心理学などの研究者らが参加して高齢者の定義を再検討する合同ワーキンググループを立ち上げ、議論を重ねてきた。

近年では、高齢者の加齢に伴う身体的機能の変化を見ると、個人差はあるが10〜20年前に比べて5〜10歳くらいは生物学的に若く活動的な人が増えており、特に65〜74歳では、心身ともに健康で、社会活動が可能な人が大多数を占めているという。

また、意識調査からも65歳以上を高齢者とすることに否定的な意見が強いことがわかった。65歳以上が高齢者というのに、もともと医学的・生物学的に明確な根拠はなかったという。

今回、ワーキンググループは、迫りつつある超高齢者社会を明るく活力のあるものにしたいと提言を発表した。ただし、高齢者の身体能力の改善傾向が今後も続くかどうかは保証されていないため、改めて健康づくりの啓発も必要だとした。

医師・専門家が監修「Aging Style」