箱根駅伝以外のレースも面白い

写真拡大

 1月3日、大手町読売新聞本社前に走者が帰ってきたところで、多くのファンにとっての箱根駅伝は幕を下ろす。だがすでに2018年の箱根駅伝は始まっている。来年の箱根をより楽しむためには、箱根以外のレースを見ることだ。大学駅伝シーズンを通して最新情報を本誌でレポートしてきた「EKIDEN NEWS」の“博士”こと西本武司氏が、箱根以外の駅伝レースの見どころを語る。

●1・22都道府県対抗駅伝は夜まで楽しい!

 直近では1月22日に「天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」がある。原爆ドーム(広島市)を起終点に宮島の対岸(廿日市市)で折り返す7区間48kmを中学生、高校生、大学生・社会人でリレーする。

 高校生が割り当てられる1区は、都大路に出場できなかったが県内屈指の実力を持った高校生が脚光を浴びる舞台になる。2008年には、無名だった柏原竜二(福島県立いわき総合高、現・富士通)が都大路の実力者を抑え、区間賞を獲得した。東洋大で「山の神」と呼ばれる1年前、コア駅伝ファンの間でのみブレイクを果たす。

 ちなみに同大会の打ち上げは中高生もいるためアルコール抜きで“都道府県対抗ボウリング大会”となるのが恒例だ。現・高校3年生で5000m最速の13分48秒という記録を持つ学法石川高の遠藤日向はハイスコア225の上級者で、「今年も遠藤のいる福島が優勝候補」との呼び声が高い。

●マイナー駅伝にメジャー選手が出場!

 1月29日の町田武相駅伝には、寮が地元の青学大からほぼ全選手が出場する。アップダウンの激しい難コースを本気で走る姿を収めようと、一眼レフを下げた駅伝女子が集結する大会だ。

 また、同じ日には埼玉・秩父地方の飯能市で行なわれる「奥むさし駅伝」もある。中央大、帝京大、法政大など伝統校の選手が出場。東海大からは鬼塚翔太、館澤亨次、阪口竜平ら主力がエントリー。2017年の箱根の登録メンバー16人から外れた羽生拓矢の姿も見られる予定だ。

 実は2015年の都大路1区で牽制しあった先頭集団の中、關に「前に出ろ」とけしかけ、レースを動かしたのは羽生だ。勝ち気な選手だから、メンバー漏れにめげず前を向いているに違いない。実力者揃いの東海大スーパールーキーの中でも一番のカリスマ性を持つのは羽生である。駅伝男・羽生の活躍に期待だ。

●箱根選手が海外で活躍!

 3月19日のニューヨークシティーハーフマラソンには、昨年11月の上尾シティハーフで学生1位の早稲田大・武田凛太郎(4年)と、2位の山学大・上田健太(3年)が招待される。

 一方、東海大の關颯人と阪口は、公益財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団(理事長=安藤宏基・日清食品HD社長)が支援する「グローバルチャレンジプロジェクト」の一環で、2月からの約2か月間、米オレゴン大に短期留学する。

 オレゴンは關の佐久長聖高校の先輩、オリンピアン・大迫傑(現・ナイキ・オレゴン・プロジェクト)の拠点でもある。帰国後、關がNIKEのシューズを履き始めたら、「何かあったな」と静かに察したいところだ。

※週刊ポスト2017年1月13・20日号