男子、女子の「大人になったらなりたいもの」人気上位10位

写真拡大

第一生命保険は、全国の幼児・児童を対象に行なったアンケート「大人になったらなりたいもの」の調査結果を2017年1月6日に発表した。男子は「サッカー選手」が7年連続1位。女子は「食べ物屋さん」が20年連続1位という結果になった。

調査は今回で28回目となる。保育園・幼稚園児および小学校1〜6年生の約8万3000人がアンケートに協力し、このうち都道府県別、男女別、学年別に抽出した1100人の内容を集計・分析した。

野球選手が上位3位から転落

男子では近年の日本人による相次ぐノーベル賞受賞が影響したのか、学者・博士が2位、3位に警察官・刑事。これまで3位内の常連だった野球選手が4位に転落した。

また、男子にもペットブームがきているのか、第10位に「飼育係・ペット屋さん・調教師」が顔を出し、初めてベストテンに入った。

女子では食べ物屋さんが圧倒的な人気。2位に保育園・幼稚園の先生。3位が学校の先生(習い事の先生)の順。ダンスの先生も初めて10位にランクインした。

このほかデザイナーが6位、美容師が8位に入り、女子のおしゃれ好きがじわりと人気につながっているようだ。

今年成人式を迎えた人たちが子供のころに行った調査との比較もしている。新成人が3歳から12歳だった頃のアンケート結果を見ると、男子では野球選手が第1位を占めることが多く、女子では当時から食べ物屋さんが人気だった。ただ、男子では2003年にW杯の影響からかサッカー選手が1位になっている。女子では今年9位だった「歌手・タレント・芸人」が当時は5、6位くらいに入っていた年が多く、少しずつ人気を下げているようだ。