大ヒット「君の名は。」新海誠監督×人気韓国アイドルの出会いに注目…SHINee ジョンヒョン“僕の人生に残る映画”

写真拡大 (全2枚)

アジア5ヶ国の興行1位を記録し、韓国でも前売り予約率1位を記録した「君の名は。」が韓国公開初日に興行成績1位の記録でスタートを切った。

公開2日目には13万2340人の観客を動員し、累積観客数34万4607人を記録して再度興行成績1位を記録した。韓国での公開初日1位は、日本アニメーション映画では宮崎駿監督の「ハウルの動く城」以来13年ぶりである。

「君の名は。」は、NAVER映画評点9.44など、各種映画及びポータルサイトで高い評点を受けており、30.2%で予約率1位をキープしている。これは14.2%で予約率2位を記録中の「マスター」の2倍以上の数値だ。

新海誠監督は9日夜12時、SHINeeのジョンヒョンがDJを務めるMBC FM4U「青い夜、ジョンヒョンです」に出演し、映画で流れるRADWIMPSの音楽からキャラクターの設定、タイトルに盛り込まれたメッセージなど、製作過程にまつわるビハインドストーリーを公開する予定だ。

ジョンヒョンは「『君の名は。』を見て3回泣いた。この映画で僕の人生に残る映画が変わった」と話した。

映画「君の名は。」は、夢の中で入れ替わる都会の少年立花瀧と田舎の少女宮水三葉、会ったことのない二人が作っていく奇跡と恋を描くストーリーだ。