2017年1月9日からアメリカはデトロイトで開催されるデトロイトモーターショー(北米国際自動車ショー/NAIAS)に、スバルからWRX/WRX STIの2018年モデルが出展されます。

1

スバルのスポーツイメージを牽引するWRX/WRX STIだけにアメリカや日本での注目度は当然高く、どんなイヤーモデルになるか気になるところ。今回の改良では、走りや安全といったスバルらしさはもちろん、実用性も含め、WRXシリーズならではの価値向上が主眼。

注目の走りの面では、サスペンション設定の最適化などにより、優れた操縦安定性とフラットな乗り心地をさらに向上させたとしています。とくに、WRX STIには、新電子制御式のマルチモードDCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)などを採用することで、WRXシリーズのトップグレードに相応しい走行性能を実現しているそうですから楽しみです。

また、LEDヘッドランプ装着車に採用されるステアリング連動ヘッドランプや、WRXアイサイト装着車に用意されるオートビークルホールドの採用により、安全性能や実用性も進化している点も見逃せません。(※上の写真は現行モデルです)

リフレッシュされた外観も注目。スバルのアイデンティティを従来型以上に強調したという新造形のLEDヘッドランプ(メーカーオプション)とフロントグリルをはじめ、大型化されたフロントバンパーグリルによりフロントマスクをイメチェン。よりスポーティかつアグレッシブなデザインに生まれ変わっています。

そのほか、WRXの一部グレードに新開発の18インチアルミホイールを採用し、WRX STIには新開発の19インチタイヤ&アルミホイールを用意。

一方のインテリアは質感向上がテーマ。ブラック調パーツをドアスイッチパネルなど随所に採用することで、質感を向上させています。また、フロントシートに、レカロ社製電動パワーシートをスバルとして初採用(メーカーオプション)。さらに、WRX STIには、走りへの期待を高めるレッドカラーのシートベルトを採用しています。振動、騒音対策としてフロントドアガラスの板厚アップなども盛り込まれています。

(塚田勝弘)

スバル「WRX/WRX STI」の2018年モデルをデトロイトショーに出展、内外装はどう変わる?(http://clicccar.com/2017/01/06/433100/)