無能でもなぜか憎めない「一点突破上司」の研究

写真拡大

裁判はドラマである。被告人、検察官、弁護士、裁判長……彼らの言動や立ち居振る舞いに、人生と人間の本質がにじみ出る。長年、裁判傍聴をフィールドワークとし、『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』『裁判長!これで執行猶予は甘くないすか』などを上梓している北尾トロ氏がお届けする、明日ビジネスに使える裁判スキルコラム!

■裁判官に学ぶべきは、「立ち位置」と「キャラの完成度」

車の運転により人を死傷させる行為は、現在では自動車運転過失致死傷罪が適用されているが、かつては業務上過失致死傷罪に含まれていた。どんな事件かと傍聴に行き、検察官の起訴状朗読で交通事故の裁判だと判明するのだが、そのたびにやるせない気持ちにさせられたものだ。

飲酒運転や、歩道に乗り上げて歩行者をはねるなどの、あってはならない事故は厳しく裁かれるべきだし、そのつもりで傍聴することもできる。

しかし、死亡事故の原因は加害者(被告人)が100%悪いケースばかりではない。場合によっては加害者も不運というか、同情を禁じえないこともある。

自動車運転過失致死傷罪が他の多くの事件と違うのは、悪意が存在しないことだ。加害者は被害者と面識さえない場合がほとんど。誰だって事故を起こそうとして運転しているはずはなく、家へ帰る途中だったり、通勤途上だったりする。そんな日常が、つぎの瞬間こなごなになってしまう。それは被害者についても同じ。途中退席することすら気が引け、傍聴者はいたたまれない気分で終了を待つばかりだ。

そういう事件であっても、裁判官は冷静に審理を進める。示談は成立しているか。どれくらいの比率で加害者に非があるのか。いくつかの要素を確認し、悪質だとする検察の主張から情状酌量部分を引き算して判決を言い渡す。刑務所に入ることになっても人生はそれで終わりではないと被告人を励ますことも忘れない。判決後、双方の家族が涙にくれるのも定番の光景だ。

傍聴を始めた頃は、何があってもブレない裁判官の姿勢に、メンタルの強さを感じていた。でも、いまは違う。裁判官は法律という絶対的な後ろ盾があり、事件の内容を法律に照らし合わせることで判決を導き出している。情状酌量の部分もたいていは機械的。判決について、被告人に同情すべき点があるとしても、“求刑の7掛けが量刑の相場”と言われるように、だいたいは予想通りの結果に落ち着く。事件や裁判官によって判決に大きな差があったら混乱必至なので、個人的感情を脇に置き、淡々と判決を言い渡すのである。裁判官が見せるこうした安定感はビジネスマン社会でも参考にしたいところだ。

テレビドラマの主人公じゃあるまいし、常に正しいジャッジを下すスーパー上司になれというのではない。学ぶべき点は立ち位置が変わらない点。キャラの完成度の高さである。

傍聴時にいつも思うのは、一部のマニアを除き、傍聴人は裁判官のキャリアや名前など気にしないだろうということ。彼らが見るのは法衣を着た裁判官という職業の人であって、個人ではないのだ。それくらい、裁判官には“公正、頭脳明晰、真面目”といったイメージが定着しており、一般市民も裁判官に対してなんとなくの信頼感を抱いている。

不祥事などで、警察官や医師がかつての信頼感を失った今でも、裁判官に対する“高潔なエリート”のイメージは変わっていないだろう。個々の人格が消えてしまうくらい強烈な肩書きだ。

■「長所で尊敬され短所で愛される」上司を目指せ

上司には、そこまで強いイメージはない代わりに、個々の人格がくっきり浮き出る。いい上司、嫌な上司という物の言い方は多分に感情的なもので、仕事の能力以外の人格が含まれている。極端に言えば、いい上司とは仕事のできる人でなくてもいいのだ。あなたの近くにいる評判のいい上司を思い浮かべてみよう。ずば抜けて仕事ができる人ではないのではないか。

部下から見て、上司が自分より仕事ができるのは当たり前である。人脈が広いのも同様だ。つまりスキルの高さや人脈の豊富さはキャラの強さにあまり影響しないと考えられる。

では、次のような個性はどうか。

熱血漢である、すごく思いやりがある、面倒見がやたらと良い……。仕事はそこそこでも、それ以外に魅力があり、周囲の信頼を勝ち得ている人が出世しているのではないだろうか。だとしたら、それこそがいい上司と慕われるためのキャラなのだ。

最強なのは“憎めない”上司。忘れっぽい。遅刻をする。服装がだらしない。口が悪い。PCすらまともに操れない。でも憎まれず、部下に慕われている。こうなったら、中間管理職としては無敵である。

だが勘違いしてほしくない。キャラが濃ければ濃いほど、演じる者は疲労するのだ。仕事を円滑に回すため、自分の成績を上げるため、部下を持つ身になったビジネスマンはいい上司になろうと張り切る。自分が部下だった頃、こんな上司がいたらと考えていた理想を実現したくなり、身の丈に合わないキャラを演じて失敗する。あるいは逆に、四方八方に気を使うあまり萎縮し、自分らしさを発揮できなくなってしまう。

無理は禁物、長続きしない。

いい上司になりたければ、ありのままの自分を武器にするしかないのである。ただし、本当に素のままでいいのはごく少数の人だけ。武器を磨く必要がある。

人は長所で尊敬され短所で愛される、ということばがあるが、ここでのキモは長所である。尊敬されるところがあるから短所が愛嬌に変わるのだ。仕事の能力と人脈以外であなたの長所はなんだろうか。胸に手を当て、願望抜きで考えてみよう。

リーダーシップ、包容力、粘り強さ、明るさ、気遣い、時間に正確、正直さ、決断力……、嫌なことをすぐ忘れるのが特技とかでもいい。自信を持って、これが自分の良いところだと言えるものをひとつ選び、前面に押し出すのだ。

押し出すからには凡庸なレベルであってはならないが、備わっているものの中から選んだものなのだから、今以上のレベルに高めることは困難ではないはずだ。

■「一点突破」の上司を部下は高く評価する!

この、自ら選んでブラッシュアップした要素が、あなたの武器でありキャラの主要部分である。たとえば“正直者”キャラを選んだとしよう。明日からあなたは頑として正直であらねばならない。もう嘘はつけない。少々キツイけれど、いい上司になるにはこれくらいは我慢し、決してブレてはならない。誰かが部下にあなたについて尋ねたとき「バカ正直な人です」と、一言でキャラを説明できるようになるくらいに。

「リーダーシップの強さが半端じゃない」「とにかく頼りになる」「あきらめない人」「一緒にいるとこっちまで元気になる」「人の気持ちがわかる繊細さの持ち主」「納期を守り約束を破らない」「思い切った判断を涼しい顔でする」……。

そんな評価を受けるようになったら、あなたという上司キャラは確立されたことになる。
その代わり、他のことは普通でいい。我々は清廉潔白を身上とする裁判官ではないのだから、欠点は(いずれは愛されポイントになると信じて)放っておけばいいのだ。

(コラムニスト 北尾トロ=文)