「力道妖精キム・ボクジュ」ナム・ジュヒョク、母に会って号泣

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チョン・ジュンヒョン(ナム・ジュヒョク) が実母に会った。

5日、韓国でMBC水木ドラマ「力道妖精キム・ボクジュ」(脚本:ヤン・ヒスン、キム・スジン、演出:オ・ヒョンジョン、ナム・ソンウ) の第15話が放送された。

ジュンヒョンの実母はキム・ボクジュ(イ・ソンギョン) に案内してもらって学校に入った。そこでジュンヒョン会った。ボクジュはジュンヒョンの実母であることは知らなかった。実母は息子のジュンヒョンを見て「私、覚えてる? お母さんだよ」と言った。ジュンヒョンは母を見て涙をこぼし、母も泣いた。そしてジュンヒョンは、母からもらった靴のプレゼントに「ありがとうございます」とぐっときた姿を見せた。