『この世界の片隅に』 (C) こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

写真拡大

のん(能年玲奈)が主人公の声を演じたことも話題のアニメーション映画『この世界の片隅に』が、1月4日付けで観客動員75万人、興収10億円を突破したことがわかった。

ジワジワと感動を拡大中。 いいファンに恵まれた幸福な映画と言えばこれしかない!

11月12日に封切られた本作は、第2次大戦中の広島・呉を舞台に、絵が得意な少女・すずの視点を通じて、大切なものは何かを理解し、前に進んでいく姿を叙情的に描いた感動作。

8週目の週末土日2日間となる12月31日、1月1日の興行成績は興収約3700万円、観客動員約3万人を記録。公開館数は初週より53館多い116館で、全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)では先週からワンランクアップの9位に浮上している。

劇場には、年末年始を映画館で過ごすカップルやファミリーの姿が目立ち、子どもからお年寄りまで幅広い世代が、大切な家族と一緒に鑑賞した喜びや感動を伝える声がSNSで相次いだ。

また、1月7日からは上映劇場が一気に58館増え、今後順次公開で累計200館を超える予定。『この世界の片隅に』の勢いは2017年も留まるところを知らないようだ。

【週末動員ランキング推移(11月12日〜)】
■1週目:第10位
■2週目:第10位
■3週目:第6位
■4週目:第4位
■5週目:第7位
■6週目:第10位
■7週目:第10位
■8週目:第9位