第8回東宝シンデレラオーディションでグランプリを受賞した福本莉子

写真拡大

'16年に活躍し、'17年にさらなる飛躍が期待される俳優・女優、アイドル、アーティストなど、さまざまなジャンルのNext Generation Star(次世代スター)およびNew Generation Star(新世代スター)に話を聞く、ザテレビジョン年末年始特別企画「NGS17」。

【写真を見る】大人びた受け答えとは裏腹に、ピース姿はあどけない高校生そのもの!

第14回は'16年に行われた第8回東宝シンデレラオーディションでグランプリを受賞した、New Generation Star・福本莉子(ふくもと・りこ)が登場!

オーディションの手応えや、学校生活について、将来の夢などを語ってもらった。

――グランプリ受賞おめでとうございます。自信はありましたか?

ありがとうございます! 自信は全然ありませんでしたが、全力で頑張りました。

――では、自己紹介をお願いします。

福本莉子16歳です。好きな食べ物はピザとトマトです(笑)。中学時代はサッカー部で、右サイドハーフのポジションでした。

――自分の強みは何ですか?

人とコミュニケーションを取るのが得意です。友達を作るのがうまい方だと思います。

――では、ルックス的なチャームポイントはどこでしょうか?

皆さんから瞳がきれいと言われることが多いです。先日も「瞳がきれいだよね〜」って友達に言われました(笑)。

――グランプリを受賞し、周囲の反響はどうですか?

グランプリを頂いてから最初に学校に行った日、クラスの子全員と別のクラスで仲のいい子たちがサプライズをしてくれました! プレゼントと特製のアルバムで祝ってもらいました。

――アルバムって何のですか?

体育祭などの学校行事や普段のプリクラで撮った私の写真が入れてあって、思い出になりました。クラスに入ったら突然クラッカーが鳴って、ビックリしましたよ。

――それはすごいですね!

はい! 教室へ行く階段を上がるところから動画もバッチリ撮られていて、ドキュメンタリー番組のような感じでした。

――いいリアクションはできましたか?

みんなと一緒に泣きました(笑)。朝から号泣して、喜びを分かち合いました。うれしかったのもそうですが、安心したのもありますね。

――前々からオーディションを受けていることは周囲に伝えていたんですか?

何人か仲のいい子には言っていたので、その子たちはずっと応援してくれていました。

――実際に東宝シンデレラオーディションというのは、どういった審査をするんですか?

ダンス審査と、今回のオーディションのためだけに書かれた台本に沿って5人のグループで演技をするというのがありました。

――ダンスは経験があったんですか?

ちゃんとやったことはなかったですし、むしろ苦手な方でした(苦笑)。せいぜいダンスの授業で軽くやったくらいでしたから。

――演技も初めてですか?

初めてでした。小学校のときに発表会でお芝居のようなことをした以来です(笑)。

――では、審査に向けての練習はどういう感じでされましたか?

仲のいいグループの友達と練習しました。事前にいただいた台本に沿って練習しました!

――自分なりに合格の手応えはありましたか?

手応えは分かりませんが、ずっと笑顔で臨めたのが良かったのかなと思います。緊張はしましたが、笑顔を絶やさないようにしようと思って。

――前後してしまいますが、そもそも応募したきっかけは?

友達にこのオーディションのことを教えてもらって「受けたら絶対いいことあるよ!」って背中を押されて、やってみようかなと思って受けました。

――そもそも芸能界に興味はあったんですか?

はい。昔から北川景子さんに憧れていました。

――では、女優さんになりたいということですか?

そうですね。ただ正直なところ、まだこれからどうなりたいかまで考える余裕はありませんが、どの道に進むにしても一生懸命頑張りたいです。

――ちなみに歌はお上手ですか?

普通です(笑)。カラオケでは男性アーティストの方の楽曲を歌うことが多いですね。例えば星野源さんとかback numberさんの歌をよく歌いますね。

――学校は楽しいですか?

めっちゃ楽しいです。みんなと喋っているのも楽しいし、みんなで一緒に帰るのも楽しいし、特に話題とかもなく、意味不明なことで笑っていますね。

――今一番ハマっていることは?

Nintendo 3DSのポケモンにハマっています。最近買って、ずっとやっています(笑)。他のゲームも持っていることは持っているんですが、今はずっとポケモンをやっていますね。

――素朴な疑問ですが、ポケモンって何が面白いんですか?

え〜!?(笑) 集めるのも楽しいし、バトルして勝ったらうれしいし、ストーリーも面白いですよ。今日も大阪から東京へ来るまでの新幹線の中でやってきました。

――それ以外に好きなことはある?

カラオケに行くことですね。あとは友達とユニバ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)に行ったときとか、いい感じの写真が撮れるまで自撮りをやっています(笑)。

――では、最近のドラマなら何が好きですか?

最近はやっぱり「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)ですね。友達もみんな見ていましたよ。

――“恋ダンス”もやりますか?

ええ(笑)。学校でみんなと突然やることがあります。星野源さんの「恋」を自分で歌いながら踊っています(笑)。

――映画は何がお好きですか?

「ハリー・ポッター」は全シリーズ見ていますよ! あと邦画では「ビリギャル」が好きです。

――今後出てみたいジャンルの作品は?

サスペンスですね。犯人役がやりたいです。

――え? なぜ犯人役なんですか?

理由はないですが、単純にやってみたいんです。怖い顔をしているわけではないので、犯人役には見えないかなと思うので逆に怖いかなと(笑)。過激な作品も好きなんですよ。「MOZU―」シリーズ(TBS系ほか)が好きで、映画も2回見に行きました。

――かなり重厚ですね! そして'16年に一番思い出に残ったのは何ですか?

やっぱり東宝シンデレラオーディションでグランプリを受賞したことですね。今は全然何も変わっていなくてあまり実感はないですが。でも、最近はマスクをするようになりました。風邪とか引かないように、社会人として(笑)。

――東京と大阪を往復しているかと思いますが、東京で行ってみたいところはありますか?

自由が丘とかに行ってみたいですね。響きがいいので(笑)。

――分かります(笑)。では、'17年の目標をお願いします。

いろんなことに挑戦できたらなと思います。特にお芝居を頑張っていきたいです! これからレッスンなども取り組んでいきたいです。

――最後に将来の夢があれば教えてください。

現状維持です(笑)。でも、まだどういうお仕事か分かっていない部分もありますが、大先輩の沢口靖子さんのように、“生涯女優”を貫いていきたいです。