6日、台湾の蔡英文総統の中米訪問が目前に迫る中、環球時報は「ニカラグア日程に変事。台湾当局は“途中断交”を懸念」と題する記事を掲載した。写真は台湾総統府。

写真拡大

2017年1月6日、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統の中米訪問が目前に迫る中、環球時報は「ニカラグア日程に変事。台湾当局は“途中断交”を懸念」と題する記事を掲載した。

蔡総統は7日から15日にかけて中米4カ国(ニカラグア、グアテマラ、エルサルバドル、ホンジュラス)を訪問する。ニカラグアではオルテガ大統領の就任式に出席するが、日程の中に双方の会談は含まれておらず、国が主催する宴会も予定されていない。これは前総統の馬英九(マー・インジウ)氏が2009年に同国を訪問した際、オルテガ氏に数度約束をキャンセルされたことを思い起こさせるものだ。

今回の蔡総統の外遊をめぐって外部には「台湾とニカラグアの関係に何かが起こる」との見方が広がっている。現地に駐在する台湾の外交関係者が受け入れ担当者となかなか接触を取れなかったとの情報もあり、ある高官からは「(3番目の訪問先であるニカラグアに到着するまでに)断交という事態になれば、訪問団はどこへ向かえばいいのか」との声が上がった。

ニカラグア以外の3カ国との関係も台湾の外交関係者が言うほど安定しておらず、当初予定に入れていなかったホンジュラス行きは同国との関係が揺らいでいるのを考慮して訪問を決めたという。(翻訳・編集/野谷)