VIXX エン「イン・ザ・ハイツ」初公演を成功裏に終了“ミュージカル俳優として第一歩を踏み出した…皆さんに感動を与えたい”

写真拡大

VIXXのエンがミュージカル「イン・ザ・ハイツ」の初回公演を成功裏に終え、次世代ミュージカルスターの誕生を予告した。

エンは5日、ソウル芸術の殿堂CJトウォル劇場で開かれたミュージカル「イン・ザ・ハイツ」で情熱的な青年ベニ役を熱演し、初舞台を見事に終了した。

ベニはニナの父親が運営するタクシー会社に務める人物で、ニナと恋に落ちる。後に自分の会社を運営するのが夢である青年だ。

エンは初舞台で安定した呼吸と爆発的な歌唱力をもとにラップ、ヒップホップなど、これまで見せたことのない多様なジャンルのミュージカルナンバーを見事にこなした。さらに舞踊を専攻した者らしいダンスの実力はもちろん、作品への没入度を高める感情演技、雰囲気を圧倒する舞台掌握力まで、完璧な姿で次世代ミュージカルスターとしての一面を思いっきり披露した。

特に恋愛と仕事、両方に情熱的な青年ベニの溢れるエネルギーを観客にそのまま伝え、作品に活気を吹き込んだという反応を得ている。

エンの努力と情熱が輝いた初公演が終わった後、観客はスタンディングオベーションを送った。これに対して俳優らも観客の一人一人と目を合わせて挨拶し、感謝の気持ちを伝えた。

エンは公演後、所属事務所を通じて初公演を成功裏に終了した感想を伝えた。彼は「良い緊張感で始めた初公演で観客の皆さんに感動を与えられるか、心配だったけど、むしろ僕が感動をした」と伝えた。

そしてエンは多数のスタッフをはじめ、場を輝かせてくれた観客に対する感謝の挨拶も忘れなかった。「うまくリードしてくださる先輩の方々、舞台監督とスタッフの皆様、そして足りない演技力に拍手と歓呼を惜しまない観客の方々のおかげで、歌とダンスを踊りながら楽しく演じることができた。ミュージカル俳優として第一歩を踏み出したので今後、一歩一歩進み、多彩な見どころを与えられる俳優になれるようにもっと努力する」と抱負を語った。

ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」は、ニューヨークのラテンハーレムと呼ばれるマンハッタン北西部のワシントンハイツに住んでいる、移民者たちの哀歓ある人生と夢をユーモラスに描いたブロードウェイの作品で、2015年に初演された際、ミュージカルジャンルでは試みられたことのないラップとヒップホップなどの強烈なリズムとストリートダンスを披露し、大きな人気を得ている。

エンの出演するミュージカル「イン・ザ・ハイツ」にはヤン・ドングン、チョン・ウォニョン、INFINITEのドンウ、ソンギュ、SHINeeのキーなど、最強のキャスティングで2月12日まで芸術の殿堂のCJトウォル劇場で上演される。