キム・ジヌ、映画「Biting Fly」に出演確定…実際の事件がモチーフ

写真拡大

俳優キム・ジヌが映画「Biting Fly」(監督:アン・チョルホ) の主演にキャスティングされた。

6日、キム・ジヌが所属されているJwideカンパニーによると、キム・ジヌは最近映画「Biting Fly」の主人公カン・ヘウク役にキャスティングされ、撮影に臨んでいる。

映画「Biting Fly」は全国的に大きな関心を引き付けた希代の多段階詐欺師チョ・ヒパル事件をモチーフにした映画で、キム・ジヌは多段階の詐欺に被害を汲むって苦しんだ末、死んでしまった父親の代わりに詐欺師を追いながら事件を暴く人物として登場する。

最近、放送終了となったドラマ「愛の香り〜憎しみの果てに〜」で信頼できる演技力をアピールしながら視聴率1位をけん引したキム・ジヌは、ドラマと映画を行き来しながら2017年にも精力的な活動を続ける予定だ。