新世代のエレクトロニック・シーンを牽引する、ポーター・ロビンソン&マデオン 提供:Sony Music

写真拡大

新世代のエレクトロニック・シーンを牽引する二大天才児として知られるポーター・ロビンソン&マデオン。2人の初のコラボレーション楽曲「シェルター」のリリースを記念し、2016年9月から12月にかけて北米で敢行され、全34公演/計12万人以上を動員した話題の<シェルター・ライヴ・ツアー>が、一夜限りの来日公演として2月21日(火)にZepp DiverCityにて実現する。

これまでも親交があった2人が8月に発表し、10月に日本でリリースした「シェルター」は、ビルボード誌の“2016年最も影響を与えたエレクトロニック・ソング”の7位にランクイン。さらに、ポーターが自ら原案・原作を手がけ、アニメ「青の祓魔師」や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などで知られるA-1 Picturesが制作した同曲のミュージック・ビデオは、都内某所の街頭ビジョンにてプレミアされ、200人のファンが集結するなど日本でも大きな話題となった。

<シェルター・ライヴ・ツアー>は、「シェルター」はもちろん、それぞれのヒット曲をマッシュアップさせ、お互いの楽曲を歌い、二人とも生楽器の演奏も披露するなど、エレクトロニック・ミュージシャンでありながら<DJセット>ではなく、<ライヴ>という形での究極のコラボレーション・パフォーマンスが話題を呼び、ソールドアウト公演が続出。北米だけで計12万人以上を動員し、2月に行われるロンドン、アムステルダム公演も既に完売しており、4月には米コーチェラ・フェスティバルへの出演も決定している。最新の映像や照明技術も駆使したそのパフォーマンスは、ポーターやマデオンと親交のあるアーティスト仲間からも高い注目を集め、彼らの友人でもあるエレクトロニック・ミュージシャン=ゼッドは「これまで見たライヴで最高のものだ!」と大絶賛し、さらには歌手のホールジーも「<シェルター・ライヴ>を絶対見に行くべき。最高最高最高!」とツイートするなど、幅広いアーティストからの支持を得ている。

■ポーター・ロビンソン&マデオン来日公演情報
2017年2月21日(火) 東京 Zepp DiverCity
OPEN 18:00/ START 19:00

TICKET:
・1Fスタンディング7,800円(税込)
・2F seated 8,300円(税込)
共に別途1ドリンク※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日: 1/21(土)

クリエイティブマン 03-3499-6669
企画・制作・招聘: クリエイティブマン
協力: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル/ソニー・ミュージックアーティスツ/ソニー・ミュージックパブリッシング