カフェインを控えている人には嬉しい

写真拡大

全国のスターバックスでは、2017年1月11日から「ディカフェ スターバックス ラテ」など、エスプレッソドリンクがカフェインレスでも楽しめます。

カフェインを控えたいときもお気に入りが飲める

これまで、全国のスターバックス店舗でディカフェに対応していたのはドリップコーヒーとカフェミストのみでしたが、今回からスターバックスラテやキャラメルマキアート、カフェモカなどエスプレッソを使ったドリンクもディカフェでオーダーすることができます。

厳選されたコーヒー豆本来の風味をなるべくそのまま楽しめるよう、薬品などは使用せず、二酸化炭素と水だけでカフェインを99%除去しているそう。

「ディカフェ スターバックス ラテ」は、通常のスターバックスラテより50円高く、ショートが380円、トールが420円、グランデが460円、ベンティが500円です。

そのほか「ディカフェ アメリカーノ」(ショート350円〜)、「ディカフェ カプチーノ」(ショート380円〜)、「ディカフェ モカ」(ショート450円〜)、「ディカフェ キャラメル マキアート」(ショート430円〜)などもオーダーできるので、カフェインを控えたいときは試してみて。

詳細は公式サイトへ。