賛成?反対?【同性カップルの子育て】をマジメに考えてみた

写真拡大 (全2枚)

鈴掛真の【ゲイだけど質問ある?】 vol.28

こんにちは、歌人の鈴掛真です。5・7・5・7・7の短歌の作家です。

明けましておめでとうございます!
僕はお正月、実家に帰って、甥っ子姪っ子といっしょに出かけたり、おもちゃで遊んだりして過ごしました。
子どもが大好きなので、自分の子どもが欲しいと思うこともありますが、「ゲイの僕にはやっぱり難しいかな」と、その度にちょっぴり寂しい気持ちになります……。

というわけで今回は『同性カップルの子育て』について考えてみましょう!

詳しく知りたいけど、なかなか知る機会のない“同性愛”の話題。
【ゲイだけど質問ある?】では、オープンリー・ゲイの鈴掛真が、みなさんの気になる疑問・質問にお答えしていきます!

質問 【ゲイって子どもつくるの?】

まず当然のことながら、ゲイカップルでは、2人の遺伝子を受け継いだ子どもをもうけることはできません。
もし子どもを育てたい場合は、カップルのどちらかの精子で女性に妊娠してもらうか、身寄りの無い子どもを養子や里親として引き取るなどの方法があります。

けれど、悲しいかな日本では同性婚が認められていないので、カップルのどちらかしか親権を持つことはできません。
我が国には、同性愛者が異性愛者と同様に家族を持つ制度がまだまだ整っていないんです……。
制度として認められてない現状では世間の目も冷ややかで、同性愛カップルもたとえ子育てしたくてもなかなか積極的になれないわけです。

同性カップルの子育てが賛成されるべき理由

実は……ゲイである僕でさえ、少し前まで、同性カップルが子育てすることに賛成できませんでした。
それは、「健全な子どもが育つためには男女のカップルが必要不可欠」という固定概念に縛られていたからです。

同じように、反対意見を持っている人もいるのではないでしょうか。
●同性カップルの家庭で健全な子どもが育つのか
●「子どもを持ちたい」という軽々しい気持ちだけで新しい命を生んでいいのか
●男女のカップルに育てられない子どもはかわいそうだ などなど……

そういった意見をネットで目にするたびに、「やっぱり僕なんかが子どもを持つことはいけないことなんだな……」という気持ちに傾いていきました。

ところが、アメリカでは昨年、同性婚だけでなく、同性カップルが養子を迎えることも全ての州で許可されました!
ヨーロッパでもイギリス、フランス、デンマーク、スウェーデンをはじめとした多数の国で同性婚が認められています。
僕はこれらを知って、「おや? こんなに先進国で認められているんなら、いけないことじゃないのかも……」と思うようになりました。
そして、2002年に発表された全米小児医学会の研究によると、異性の両親と同様に、同性カップルでも「愛情があり、安定した、心理的にも健全な家庭を子どもに与えられる」ことがわかっています!
(参考:EMA日本)

なにより、同性カップルの子育てに賛成できなかった僕の意識が、次第に変わっていきました。

「子どもを持ちたい」と思うのが軽々しい気持ちだって?
むしろ人間として当然の発想なんじゃない?

僕自身、仲の良い男女の両親のもと、あたたかな家庭で大切に育てられました。
大人になるにつれて、両親がしてくれたことを、次の世代にも継承していきたいと思うようになったのは、当然のことだといえます。

男女のカップルに育てられない子どもはかわいそうだって?
本当にかわいそうなのは愛情を与えられない子どもです!

確かに、子どもは男女の間にしか生まれないので、父親と母親に育てられることが基本の形ではあります。
けれど、男女のカップルだからって、必ずしもあたたかな家庭がつくれるとは限りません。近年では目を覆いたくなるような幼児虐待事件のニュースも目立ちます。
大切なことは、どんな形であれ、ありったけの愛情を子どもに注ぐことではないでしょうか?
それができれば、たとえシングルマザーでも、男手一つでも、同性カップルでも、きっと子どもが幸せに育つあたたかな家庭がつくれると、僕は思っています。

まだまだ賛否両論ある同性カップルの子育て。みなさんはどう思われますか?

質問、お待ちしています!

鈴掛真の【ゲイだけど質問ある?】第28回、いかがでしたか?
次回は、【ゲイってどうやって出会うの?】という疑問にお答えしたいと思います。

みなさんからの質問も募集しています。
疑問やお悩みなど、気になるお話をメールでお寄せください。
メールの宛先はこちら!

【今週の短歌】
喜んで
くれることなら
なんだって
してあげるって
最初に決めた
 

≪前回の連載記事を読む≫

≪連載を最初から読む≫
 

【ゲイだけど質問ある?】 バックナンバー

●vol.27 【どうしたらゲイの友達がつくれるの?】
●vol.26 【ゲイからノンケになることはあるの?】
●vol.25 【ゲイかどうか確かめる方法は?】
●vol.24 【男女の恋愛と違うところは?】
●vol.23 【どんなときに差別を感じる?】

鈴掛真プロフィール


鈴掛 真(すずかけ しん)歌人
愛知県春日井市出身。東京都在住。
著書に『好きと言えたらよかったのに。』(大和出版刊)がある。
Twitter・ブログでも短歌を随時発表中。

●Twitter http://twitter.com/suzukakeshin
●ブログ さえずり短歌
●オフィシャルWEBサイト http://suzukakeshin.com

Written by 鈴掛 真