美容の世界を変えるテクノロジー採用の新製品、米家電見本市でお披露目

写真拡大

テクノロジーは美容業界にも大きな変化をもたらしている。美容はもはや皮膚の表面上の問題ではなく、肌や髪の状態などを含めた私たちの健康の問題になっている。

ラスベガスで1月5〜8日(現地時間)に開催中の世界最大の家電見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2017」では、「ビューティー・テック・サミット」が開かれ、新たな技術を取り入れた美容家電が紹介されている。

その中には、従来は皮膚科の診察を受けたり専門家に相談したりすることで高額の支払いが必要となる場合もあった美容の問題について、消費者が自分で学び、自分で改善を図ることも可能な機器が含まれている。拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術を採用したこれらの製品は、問題を分析して改善すると同時に、使用する人向けにパーソナライズされた適切な手入れの方法を教えてくれる。

CES 2017で発表されたもののうち、特に優れた製品のいくつかを紹介する。

・ハイミラー(HiMirror)

まだ数少ない「スマート・ビューティーミラー」の一つである「ハイミラー」には、小売価格189ドル(約2万2,000円)の基本モデルのほか、259ドルの「ハイミラー・プラス」がある。基本モデルはスマートホーム製品部門で「CES 2017イノベーション・アワード」を受賞した。

ハイミラーは肌に直接触れることなく、写真を撮るだけで肌の状態を分析。肌の色や日焼けによるダメージ、毛穴・しわの状態などについて調べ、改善に適した製品や手入れの方法などを教えてくれる。

「プラス」モデルは鏡の両脇に付けられたLED照明を切り替えることで、異なる環境(夕暮れの景色の中、日当たりの良い屋外、照明の明るいオフィス内、ショッピングモール内、レストラン・パーティー会場)に適したメイクができる。

また、片手で持てる計測器の「ハイスキン」は、ハイミラーと接続して使えば角質層の水分量や皮下の色素沈着、目の周りのくま、にきびの跡、環境要因など、肌のより深い部分の状態を調べることができる。価格は50ドルだ。

ハイミラーのサイモン・シェン最高経営責任者(CEO)は発表文で、「ハイミラー・プラスとハイスキンを併せて使用すれば、従来は皮膚科で(場合によっては高額になる)診察料を払わなければ得られなかった情報を入手できるほか、積極的に加齢対策を講じることができる」と説明している。

・エスキン(S-Skin)

サムスンが発表したこの製品もまた、肌の状態を調べ、分析するものだ。水分量や赤み、メラニン量などを計測すると同時に、採用した「マイクロニードル」パッチによって、しわ・しみの改善に有効な成分を浸透させることが可能になっている。そのほかLEDライトの照射により、しみを薄くしたり肌のつやを増したりする効果も期待できる。

・ケラスターゼ・ヘアコーチ

200ドル未満という価格ながら、ヘアケアに関するアドバイザーとも言えそうなロレアルの「スマートブラシ」は、ブラッシングに力が入り過ぎていることをバイブレーションで知らせてくれる。

電池式の防水ブラシに内蔵されたマイクは、ブラッシングしたときの音を録音して毛髪の縮れや乾燥、切れ毛を識別。センサーが毛髪の健康に対する熱(ストレートアイロンなど)やその他の製品(染料など)の影響を測定し、状態の改善に適した製品や手入れの方法を教えてくれる。

ロレアル・テクノロジー・インキュベーターの副社長は英BBCの取材に対し、「髪をブラッシングするときに最も気を付けなければいけないのは、力を入れ過ぎて切れ毛を作ってしまわないようにすることだ。切れ毛が髪の傷みにつながる」と話している。