フォーブス「フィンテック50」 資産管理・投資運用系18社リスト

写真拡大

フォーブスは昨年11月、今回が2回目となる「フィンテック50」を発表した。このリストは米国でフィンテック関連事業を行なう企業のうち代表的な50社を選出するもの。

既に「個人金融サービス業界を破壊する13社」を紹介済みだが、ここでは富裕層向けの資産管理や株式運用、投資管理を行なう18社を紹介する。

Addepar
顧客の資産を分析・管理するクラウドソフトを提供。管理する資産の総額は5,000億ドルを超える。カリフォルニア州マウンテンビュー本拠。最近セールスフォースと提携し、CRMプラットホームと連携させることで合意。
創業者: Joe Lonsdale(34)は、ベンチャーキャピタル「8VC」のパートナーで、Palantir Technologiesの共同創業者でもある。
出資元:7,500万ドルをビリオネアのPeter ThielやStanley Druckenmillerなどから調達。

AlphaSense
プロの投資家向けに、膨大な量のドキュメントの中から関係ある検索結果のみを表示する検索エンジンを提供。同社の検索システムは、JPモルガン、Jana Partners、オラクルを含む500社以上に採用されている。サンフランシスコ本拠。
出資元:3,500万ドルをTribeca Venture Partners、Triangle Peak Partners、Quantum Strategic Partnersなどから調達。

Cadre 
超富裕層や機関投資家向けに招待制の不動産取引仲介サイトを運営。同社の投資委員会の議長を務めるのは、Vornadoの前CEOでゴールドマン・サックスの不動産部門の元責任者。ニューヨーク本拠。
創業者:Ryan Williams(28)はゴールドマン・サックスとBlackstone出身。ドラルド・トランプの娘婿、ジャレッド・クシュナーは共同創業者。
出資元:6,830万ドルをゴールドマン・サックス、Founders Fund、アリババ創業者のジャック・マー、ビリオネアのユリ・ミルナーなどから調達。

CircleUp
新しい消費財の開発者と、流通パートナーや投資家をつなぐクラウドファンディングサイトを運営。最新ツール「Classifier」は、9万ものデータポイントを使って投資家が企業を評価することをサポートする。これまでに200社以上が同社のプラットホームを使って2億8,000万ドルを調達。サンフランシスコ本拠。
創業者:Ryan Caldbeck(37)とRory Eakin(37)はいずれもスタンフォード大学でMBAを取得。
出資元:5,300万ドルをUnion Square Ventures、Google Ventures、Clayton Christensenが設立したRose Park Advisorsなどから調達。

Coinbase
政府の基準を満たす最高レベルのセキュリティ技術を誇る仮想通貨企業。サンフランシスコ本拠。ビットコイン取引所GDAXを運営し、33ヶ国の470万人の顧客にウォレットを提供し、ビットコインやその他の仮想通貨の決済に対応している。世界のビットコイン流通量のうち10%をサーバに保管。
運営者:CEOのBrian Armstrong(33)は元エアビーアンドビーの決済システム担当。社長のFred Ehrsam(28)は元ゴールドマン・サックスの為替トレーダー。
出資元:1億1,700万ドルをAndreessen Horowitz、Union Square Ventures、 Draper Fisher Jurvetson、三菱UFJフィナンシャルグループ、NYSE、 BBVA, USAA、Ribbit Capital、Sozo Venturesらから調達。

Dataminr 
ツイッターなどの投稿を分析し、株式市場の動向に影響を及ぼしそうな情報を提供。有料会員数は1万人を超え、CNN、Marriott International、エネルギートレーダーなどが同社のサービスを利用している。ニューヨーク本拠。
出資元:1億8,000万ドルをフィデリティ、Venrock、Wellington Management、Credit Suisse、ゴールドマン・サックスから調達

DV01
投資家向けに、ソーシャルレンディング企業9社のローン別パフォーマンスを数クリックでトラッキングできるサービスを提供。レンディングクラブと提携。 
出資元:750万ドルをLeucadia National、Pivot Investment Partners、Quantum Strategic Partnersから調達。

Fundrise
不動産投資型クラウドファンディングサイトを運営。同業他社の多くが出資者を適格投資家に限定しているのに対し、Fundriseの「eReits」は誰でも1,000ドルから投資可能としている。これまでに1万人を超える投資家が総額9,900万ドルを5つのeReitsに出資している。ワシントンD.C.本拠。
創業者:Ben Miller(40)の父親は、ワシントンD.C.の大手デベロッパーを設立したHerbert S. Miller。
出資元:3,500万ドルを人人网、Guggenheim Partnersなどから調達。

IEX
私設取引プラットホームの運営会社の一つ。米国の株取引に占めるシェアは2%ほど。38マイル(約61キロ)ものコイル状にしたケーブルを使って高速取引の速度を遅らせ、一般投資家にとって公平な環境を提供している。ニューヨーク本拠。
創業者:Brad Katsuyama(38)は作家マイケル・ルイスの「フラッシュ・ボーイズ 10億分の1秒の男たち」(文藝春秋)の主人公としても知られている。
出資元:1億ドルをSteve Wynn、Spark Capital、Bain Capital Ventures、Franklin Resources、Greenlight Capitalから調達。

Kensho
ビッグデータと機械学習技術を組み合わせ、天災や選挙結果などの出来事がマーケットに与える影響を分析。ゴールドマン・サックス、JPモルガン、Bank of America Merrill Lynchなどが同社のサービスを利用。Brexit後のポンドの中期的な暴落を予測した。マサチューセッツ州ケンブリッジ本拠。
創業者:Daniel Nadler(33)は、ハーバード大学経済学博士課程修了。博士論文のテーマは、国家の信用リスクについてだった。
出資元:9,000万ドルをゴールドマン・サックス、グーグル・ベンチャーズ、フィデリティ、CNBC、Soros Fund Management、CIAのベンチャーキャピタル部門などから調達。

Motif Investing
個人投資家向けに、最大30の株式からなる「Motifs」というポートフォリオをデザイン、共有、購入できるプラットホームを提供。手数料は1取引当たり9.95ドル。最近、自動投資を行う「Motif Blue」をリリースした。利用者数は30万人と前年から50%増加。カリフォルニア州サンマテオ本拠。
出資元:1億2,600万ドルをゴールドマン・サックス、JPモルガン、人人網などから調達。

Numer.ai
次世代のヘッジファンド。外部のデータサイエンティストたちに機械学習を活用した株価予測モデルを作る競争をさせ、優秀なモデルには賞金としてビットコインを提供している。1日当たり3,225もの新しいモデルが提出されている。
出資元:150万ドルをRenaissance Technologies共同創業者のHoward Morgan、First Round CapitalのBill TrenchardとJosh Kopelmanから調達。

Quantopian
クラウドソース型アルゴリズム投資プラットホーム。ユーザーは、サイトのデータを使って自前のアルゴリズムを作成でき、最もパフォーマンスの良いものには、報酬として利益の10%が支払われる仕組み。ビリオネアの投資家Steven A. Cohenは、Quantopianが設立したヘッジファンドに最大2億5,000万ドルを投資する予定。ボストン本拠。
出資元:2,580万ドルをBessemer Venture Partners、Spark Capital、Khosla Ventures、Cohen が設立したPoint72 Asset Managementから調達。

Riskalyze
フィナンシャルアドバイザーが顧客の抱えているリスクを評価し、最適なポートフォリオを組むためのソフトウェアを提供。ロボアドバイザーによる顧客資産の管理・運用も開始。LPL FinancialやAssetMarkと提携し、総額1,210億ドルもの資産の運用をサポートしている。カリフォルニア州オーバーン本拠。
出資元:2,500万ドルをFTV Capitalやエンジェル投資家から調達。

Robinhood
売買手数料が無料の株式取引用アプリを運営。ゴールド会員は月額利用料10ドルで、マージンローンの利用や取引時間の延長などのメリットがある。100万人以上が同社のアプリを利用し、これまでに120億ドルの売買を扱っている。カリフォルニア州パロアルト本拠。
出資元:6,600万ドルをNew Enterprise Associates、Index Ventures、俳優のJared LetoとAshton Kutcher、ミュージシャンのSnoop DoggとJohn Legendなどから調達。

Trumid
社債取引プラットホームを運営。銀行などに比べて手数料が格段に低いのが特徴。証券会社40社を含む280社が同社のサービスを利用。これまでの売買金額は、総額30億ドルに達する。ニューヨーク本拠。
創業者:Ronnie Mateo(42)は、Trinity Brokers、シティグループ、Quix Capital出身
出資元:4,430万ドルをSoros Fund Management、Peter Thiel、Shumway Capitalなどから調達。

Xapo
欧米の裕福な投資家向けに、ビットコインをオフラインのサーバに保管・管理するサービスを提供。発展途上国の消費者を対象にデジタルウォレットも提供。Bitcoin Investment Trustのビットコインを管理している。カリフォルニア州パロアルト本拠。
創業者:Wences Casares(42)は、南米で初となるオンライン証券会社を立ち上げた経歴を持つ。
出資元:4,100万ドルをBenchmark Capital、Greylock Partners、Ribbit Capital、Index Ventures、Fortress、Emergence Capital Partnersなどから調達。

Xignite
金融市場データをリアルタイムで提供。BlackRock、Charles Schwab、SoFi、Motifなど1,000社以上の金融機関を顧客に持つ。データリクエスト件数は、月間2,500億件を超える。カリフォリニア州サンマテオ本拠。
創業者:Stephane Dubois(52)はAdvent Software出身。
出資元:3,700万ドルをQUICK Corp.、StarVest Partners、Altos Ventures、Startup Capital Venturesから調達。