電通の新入社員の過労自殺をきっかけに、日本人の働き方が議論となった2016年。年末年始についても、休まず営業するコンビニの店員から嘆きの声が上がっていた。そんな中、5日にとあるTwitterユーザーが、年末年始について寄せられたクレームを暴露し、反響を呼んでいる。

このユーザーは、ネット通販サイトを運営する会社に勤めているとのこと。仕事始めに顧客から寄せられた声を確認したところ「年末年始休むな」「連休で連絡つかないなんてネットショップとしてありえない」「(年末の運送業界の炎上を受けて)着日確約出来ないとか仕事が雑すぎる」といったクレームが届いていたという。ユーザーはこうした声について「はい、こういう人達が今の日本の癌です」と評している。

このツイートは、6日11時の時点で8000件以上のリツイートと、3000件以上の「いいね」を集めるなど、ネット上で話題となっている。
なお、ユーザーによると「年末年始休暇のお知らせ」「運送業の遅延の可能性」については告知していたとのこと。さらに他社のサービスをあげ、「便利さに慣れすぎてしまってるよね」「きっとそれって良くないことだ」と便利過ぎる世の中に疑問を投げかけた。

【関連記事】
外国人がクレーマーの「お客様は神様」発言に怒り?「神はアラーだけだ!」
太田光がフジテレビに来た驚きのクレームを告白「スマスマの電波が痛い」
「白熱ライブ ビビット」が”団塊モンスター”を特集 呆れたクレームが続々