写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは1月5日、2016年上半期までの実績に基づいたソフトウェアとアプライアンス製品を含めた国内情報セキュリティ製品市場の2016年〜2020年の予測を発表した。

同社は、2016年の国内情報セキュリティ製品市場規模を前年比4.0%増の2807億円と推定している。

セキュリティソフトウェアの市場規模は前年比4.2%増の2339億円、その内SaaS(Software as a Services)型セキュリティソフトウェアの市場規模は前年比20.2%増の173億円、セキュリティアプライアンス製品の市場規模は前年比3.2%増の468億円と推定している。

国内セキュリティソフトウェア市場の2015年〜2020年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.4%で、市場規模は2015年の2246億円から2020年には2792億円に拡大すると予測している。

国内SaaS型セキュリティソフトウェア市場の2015年〜2020年のCAGRは15.8%で、市場規模は2015年の144億円から2020年には299億円に拡大すると予測。

同社は、2017年以降、2019年に開催されるラグビーワールドカップや2020年に開催される東京オリンピック/パラリンピックでの重要な社会インフラへのサイバー攻撃の対策需要とマイナンバー法や改正個人情報保護法の法規制による個人情報への保護対策強化によって、同市場に対する需要が拡大すると見ている。

国内セキュリティアプライアンス市場全体の2015年〜2020年のCAGRは4.6%で、市場規模は2015年の454億円から2020年には567億円に拡大すると予測している。

(辻)