北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、「自衛的核抑止力強化は至極正当だ」とする論評を配信した。

論評は、ロシアが「米国の核脅威を制圧すべきだ」と主張したことや、中国の環球時報が「中国はすでに米国の一番目の戦略的ライバルになった」と強調したことを取り上げながら、「これらの主張は、諸国が米国の増大する核脅威と恐喝から国家の自主的発展と平和保障のために戦略核戦力の強化を死活の問題に見なしているということを意味する」と指摘。

さらに、「いわんや、米国の直接的な核脅威を恒常的に受けているわが国が核抑止力を強化するのはあまりにも当然である」と主張した。

また、「戦略核戦力部門で収められた大きな成果はわれわれに米国が強いるいかなる形態の戦争にもすべて対応することのできる威力ある戦略核打撃手段があるということをはっきりと実証した」としながら、「米国の無分別な敵視策動と露骨な核脅威に対応して自衛的核抑止力を保有し、強化してきたのは至極正当である」と強調した。