4人になったフィフス・ハーモニー twitterより

写真拡大

女性グループ「フィフス・ハーモニー」が現地時間5日、4人になった写真を公開した。

2012年にアメリカのオーディション番組「Xファクター」で結成され、5人で活動を行ってきた「フィフス・ハーモニー」は先月、カミラ・カベロの脱退を発表。そして、現地時間5日に「フィフス・ハーモニー」は4人で赤のドレスやスーツを着ている公式の写真をインスタグラムとツイッターに公開し、「Twenty Seventeen(2017)」と投稿した。ファンは「カミラなしの最初の写真撮影だね」「カミラがいない写真だから悲しい」「変な感じだけど、素敵」「準備はできてるよ」とさまざまなコメントを残している。

カミラの脱退は円満なものではなく、カミラはメンバーからの発表後に「私が知らないうちにフィフス・ハーモニーのアカウントが投稿した表明文を読んでショックを受けました。ツアー中に将来について長いとても必要な話をして、彼女たちは私の気持ちを知っていました。私がグループを去ることを私の代表から知らされたと言っていることは単純に事実ではありません」と長文を投稿。これに対してメンバーはさらに長い文章をアップし、「この数か月、私たちはいつもフィフス・ハーモニーの将来をカミラと話し合おうと努力してきました」「グループミーティングをしようとしたけれど、彼女は拒否しました。LAリードやレーベルに入ってもらって、ミーティングの予定を立てようとしましたが、彼女はまた断りました。グループカウンセリングまで行ったけれど、彼女は姿を現しませんでした」と明かしていた。

4人で再出発となった「フィフス・ハーモニー」。今年は彼女たちにとってどんな年となるだろうか。