写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ディー・エヌ・エー(DeNA)は1月6日、日産自動車の製造する自動運転車両を活用した新たな交通サービスのプラットフォーム(基盤)を開発することを発表した。

この取り組みの第一歩として、2017年内に日産製の自動運転車両を用いた技術的な実証実験を日本国内で開始し、2020年までに無人運転による交通サービスプラットフォームのビジネスモデルなどを検証する。なお、サービスプラットフォーム開発の具体的な計画や実証実験の詳細は今後協議の上、実証実験開始前に公表する予定だ。

DeNAは、インターネットビジネスの強みを生かし、自動運転技術や最先端のインフラなどを組み合わせ「モビリティーサービスプロバイダー」として、エンドユーザーやパートナー企業にサービス、ソリューションを提供する事業に取り組んでいる。今回の取り組みにおいても、同社はインターネットサービス部分の設計・運営や自治体との調整・連携を行う予定。

○ZMPとは自動運転に関する業務提携を解消

一方、同日にはZMPとの自動運転に関わる業務提携を解消する方針で合意したと発表。両社は2015年5月に合弁会社としてロボットタクシーを設立し、自動運転技術を用いたモビリティーサービスの実現に向けて、さまざまな実証実験やデモンストレーションを実施してきた。

今回、ロボットタクシーの運営方針の違いから、両社は別々の取り組みを行うことが最善であるという考えに至り、業務提携を解消することとなったという。なお、法人であるロボットタクシー及びロボットタクシーという商標の取扱いについては今後両社で検討していく方針だ。

(岩井 健太)