なぜ、うねりチャート投資だと勝つ投資家になれるのか?

写真拡大

株式投資を始めてはみたものの「なかなか勝てるようにならない…」「ずっと塩漬けにしたまま…」「手元資金が減っていくばかり……」という個人投資家は少なくない。本連載では、PR会社社長をやりながら、株式投資家としても成果を上げている上岡正明氏が、最新刊『うねりチャート底値買い投資術』(ダイヤモンド社、12月16日発売)の内容をもとに、勝てる投資家になるための考え方や具体的な方法について紹介します。

うねりチャート投資で勝てるようになる5つの理由

 なぜ、このうねりチャート投資法なら、勝つ投資家になることができるのか。

 その理由は、大きく5つあります。

(1)動きが規則的でとらえやすい
(2)下値が予想できるから心理的な負担が少ない
(3)難しい投資判断がいらない
(4)利益を拡大しやすい
(5)初・中級者の技術習得に向いている

 それぞれ、とても大切なポイントとなります。以下、具体的に説明していきましょう。

(1)動きが規則的でとらえやすい

 うねりチャートを利用する最大のポイントは、動きが予測しやすいという点です。山がくれば谷がくる。谷の次には、また山がくる。

 と、このように、チャートというのは何度もうねりを刻みながら、ボックス相場のなかでジグザグに動きます。それは、見ていて、まるでルールに縛られて動いている、なにかの生き物のようです。

 この、チャートが持つ規則性を利用したほうが、先々の動きが予測しやすく、安定して稼ぎやすくなるのは当然のことです。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)