米国のがん死亡率は25年で25%減少 医療の進歩で早期発見や治療が可能に

ざっくり言うと

  • 米国におけるがん死亡率が、1991年をピークとして2014年までに25%減少
  • 死者数としては約210万人減少したとの調査結果が5日、学術誌に掲載された
  • 医療の進歩によってがんの早期発見や治療が可能になったことが要因だという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング