BIGBANG、番組出演なしで「M COUNTDOWN」1位に…2017年初めてのトロフィーを獲得

写真拡大

さすがBIGBANGだった。BIGBANGが「M COUNTDOWN」で番組出演なしで23度目の1位トロフィーを獲得した。

5日、韓国で放送されたMnet「M COUNTDOWN」ではBIGBANGとSEVENTEENが1位候補になった。また、この日はカムバックした歌手たちがステージを華やかに飾った。

DIAのユニットであるビンチェンヒョンスはユニットステージを初めて公開し、宇宙少女は「ください」「君に届け」を披露した。Aprilは「春の国の物語」を通じてファンに挨拶した。

NCT 127は「無限的我」と「Good Thing」でジョニーとドヨンが合流した9人組のステージを公開した。強烈なカリスマ性とさらに完璧になったカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス) でファンを歓呼させた。

また、AOAのカムバックステージも歓呼を受けた。AOAは「Excuse Me」と「Bing Bing」のダブルタイトル曲を披露した。華やかなパフォーマンスで帰ってきたAOAは、今年もファンが幸せになってほしいという願いを伝えた。

1位候補のSEVENTEENは最近発売した3rdミニアルバム「GOING SEVENTEEN」のタイトル曲「BOOM BOOM」を熱唱した。

ハイライトは、8年ぶりに歌手としてカムバックしたオム・ジョンファのステージだった。オム・ジョンファは「Dreamer」と「Watch Me Move」のステージでファンをときめかせた。カムバック後初めて音楽番組に出演したオム・ジョンファは、歌姫としての一面を余すことなくアピールした。

その他にもPENTAGON、VARSITY、MIXX、Bonus Baby、BEATWIN、HighSoul、VROMANCE、BP RANIA、UP10TIONが華やかなステージを披露した。

ステージが終わった後、1位に発表されたのはBIGBANGだった。BIGBANGは最近3rdフルアルバム「MADE THE FULL ALBUM」を公開して活動し、「FXXK IT」などの収録曲で音楽配信チャートを席巻している。

BIGBANGは今回の1位で「M COUNTDOWN」23度目のトロフィーを獲得した。元々最多1位獲得者だったBIGBANGは自身たちの記録を塗り替え、“GOD BANG”としての存在感を見せつけた。