パートやアルバイトというような非正規雇用が増え続けている現代。いわゆるフリーターと呼ばれているアルバイトやパート以外に、女性に多いのが派遣社員という働き方。「派遣社員」とは、派遣会社が雇用主となり、派遣先に就業に行く契約となり派遣先となる職種や業種もバラバラです。そのため、思ってもいないトラブルも起きがち。

自ら望んで正社員ではなく、非正規雇用を選んでいる場合もありますが、だいたいは正社員の職に就けなかったため仕方なくというケース。しかし、派遣社員のままずるずると30代、40代を迎えている女性も少なくありません。

出られるようで、出られない派遣スパイラル。派遣から正社員へとステップアップできずに、ずるずると職場を渡り歩いている「Tightrope walking(綱渡り)」ならぬ「Tightrope working」と言える派遣女子たち。「どうして正社員になれないのか」「派遣社員を選んでいるのか」を、彼女たちの証言から検証していこうと思います。

☆☆☆

今回は、都内で派遣社員として働いている山口夏樹さん(仮名・32歳)にお話を伺いました。夏樹さんは、一見、黒髪ストレートのボブに見える髪型ですが内側だけ部分的に金髪に染めた個性的な髪形に、太目のアイラインを引いた目元は赤いアイシャドウが目立っていました。ゆったりしたスウェットにオーバーオールを合わせ、足元は真っ白のキャンバス地のスニーカーを履いていました。爪には真っ赤なネイルを施し、MHL.の大き目のバッグの中には、ほぼ日手帳のほかに一眼カメラが入っていました。

「本当は写真で食べていきたいんです」という彼女。神奈川県の北部出身で、海からも繁華街の横浜からも遠かったそう。新し物好きの父の影響で、小さい頃から父が持っていた一眼カメラや、ビデオカメラに興味を持っていたとか。高校時代には、将来の事を考え、写真か映像が学べる学科に進もうと決めていたと言います。

大学で写真を専攻していたと言う夏樹さん。 “30代になって就職しようと思ったら、派遣しかなかった”という彼女に、どうして派遣で働いているのか聞いてみました。

「弟とルームシェアしているのですが、年内に結婚予定で出て行ってしまうんですよね」

派遣で警備会社の事務として働いている夏樹さん。手取りだけでは一人暮らしができないため、フリーターの弟と同居しています。

「2つ下の弟は高校生の頃からバンドをやっていたので、私が大学卒業するタイミングで、弟も上京してきて同居を始めました。そのバンドが解散しちゃってからは、パチンコ屋さんの店員やりながら、音楽の仕事を手伝っていました。弟の仕事が不安定だったのもあって、私は正社員として働いていましたね」

夏樹さんから貰った名刺には「写真家」の肩書が入っていました。

「カメラマンっていうより、写真家でありたいんですよ。カメラで食べていこうと思ったら、子供向けのスタジオとか、ウェディング専門とかあるけど、どれもやりたくないんです」

彼女が商業写真ではなく、芸術写真にこだわるのには理由がありました。

「学生の頃に、テーマパークの写真スタジオで働いていたんですよ。次から次へと、家族連れやカップルとかやってきて。一個一個の写真にクオリティーを求められない。流れ作業の中で、“これでいいのかな”って思ってしまって」

就職先の写真スタジオは、逃げるように退職

大学を卒業後は、写真家としての夢を叶えるために動き出します。

「実は一度、写真スタジオに就職しているんです。社長と社員含めて4人程度の個人スタジオで、機材の手入れの仕方とか、撮影のセッティングばかりやらされていました。実際の撮影はいつも社長で、撮影準備は全部私なのに、来てポンってシャッター押すだけしかやらないのに、なんでクレジットは全部社長の名前なのかなって思っていましたね」

そんなスタジオ業務に嫌気がさし、就職した写真スタジオを逃げる形で辞めたと言います。

「最後は本当に、スタジオに行くのが嫌で。自前の三脚を会社に忘れていたのですが、取りに行くのも嫌だったので“いらない”と言ったら、着払いで送られてきました」

20代の半ばで、写真家への夢は諦めます。

「フリーランスになるのも怖かったので、写真の夢は諦めて就職しました。専門学校の受付事務を数年やっていました。たまに頼まれて行事で写真を撮ったりもしていましたね」

仕事自体に不満がない毎日を過ごします。

「美術系の専門学校だったので、社員も服装が自由だったのが楽でしたね。土曜も出勤だったので、連続した休みがとりづらかった以外は、ノルマもあるわけではなかったので気楽でした」

しかし、社員としていた働いていた夏樹さんに、転機が訪れます。

「数年前から、社員を減らしていく動きがあって。キャリアカウンセラーの資格取得を勧められたりしました。進路相談も兼任しなければならない雰囲気になって、仕事に興味が持てなくなってきたので辞めました」

そして、念願の写真家としての活動をスタートさせます。

「何かやらなきゃと思って、知り合いの飲食店の壁のスペースを借りて、自分の写真を展示させて貰いました。初個展だったので張り切ったのですが、額縁とか全部自分で用意しなければならなくて、大赤字でした」

彼女は、自分の写真は影響力があるとSNSで実感したそう。

「パクツイって知っています? SNSに上げていた画像が、他人にパクツイ(画像や発言を無断転載されること)されてそっちの方が多く拡散されたんですよ。最初は凄く悔しかったんだけれど、自分の写真も意外といけるのかなって思って」

大学時代から、定期的に写真コンクールに応募をしているが、まだ入賞の経験はない。写真のプリント代が高いのが悩み。

クリエイティブな環境に身を置いていたいと思う夏樹さん。でも、派遣社員としての日々は、退屈で超絶つまらなかった!…… その2に続きます。