新年最初のラウンドをスタートした松山英樹(写真は練習日)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ 初日◇5日◇プランテーションコース at カパルア>
昨年度のツアー優勝者32名が出場する、2017年米国男子ツアー初戦「SBSトーナメント・オブ・チャンピオンズ」がハワイにあるプランテーションコース at カパルアで開幕。2015年以来の今大会出場となる松山英樹も新年一発目の戦いをスタートさせた。
【PGAツアー動画】松山英樹特集!現在地と今後の目標
初日は昨年10月の「CIMBクラシック」で優勝を争ったジャスティン・トーマス(米国)と同組でティオフ。1番ホールはティショットで350ヤードのビッグドライブを披露すると、セカンドは8メートルにオン。2パットのパーで立ち上がった。松山は昨年の「日本オープン」を皮切りに、「WGC-HSBCチャンピオンズ」、「三井住友VISA太平洋マスターズ」、「ヒーロー・ワールドチャレンジ」と5戦4勝。今大会も優勝候補として大きな注目を集めている。
現時点で首位は9ホールを終えて3アンダーとしているコディ・グリブル(米国)となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【新春スペシャル】
松山英樹、短いオフは親子ゴルフと“飲み”でリフレッシュ
ジョーダン・スピース「今年のヒデキはとても手強い存在」
新シーズンへ 松山英樹、メジャー勝利も「頭にある」