画像

写真拡大

 さくらインターネットは、「さくらのIoT Platform」のグローバル展開を目的に、香港に子会社を新設。また、海外対応の「さくらの通信モジュール」の提供を2017年度中に開始すると発表した。

 さくらインターネットは、「さくらのIoT Platform」のグローバル展開を目的に、香港に子会社「櫻花移動電信有限公司」を設立した。

 「さくらのIoT Platform」はデータを送受信するための通信環境や、データの保存・処理に必要なシステムを一体型で利用できるサービス。現在開発中で、2016年度中の正式サービス開始を予定しており、先駆けて「さくらのIoT Platform β」の提供も行っている。

 「櫻花移動電信有限公司」は、世界中のIoTスタートアップやIoT事業を展開するメーカーに向け「さくらのIoT Platform」の拡販のサポートを行い、さくらインターネットと協力して、海外接続に必要な規格やライセンスの取得を実施する。

 さらに、さくらインターネットは「さくらのIoT Platform」に海外でも接続可能な「さくらの通信モジュール」を、2017年度中に提供すると発表。これにより、海外向けの新たなシステムや製品の開発も不要となり、IoTサービスや製品の利用範囲を簡単に海外へ拡大できるようになる。

MarkeZine編集部[著]