イケてるハーツの1stワンマンライブに向けて、リーダー・ゆゆしむ(新ユウユ)、まなみぃ(舞波和音)の2人にインタビュー。その(2)では'16年を振り返りつつ、'17年の展望などを語った

写真拡大

イケてるハーツが1月9日(月)、1stワンマンライブ「Heart Warming Night」を東京・渋谷のWWWXで開催する。それを前に、リーダー・新ユウユ、舞波和音の2人が現在の心境や、ライブへの意気込みなどを語ってくれた。

【写真を見る】まなみぃ、地元の方に凱旋!!

【イケてるハーツ・ゆゆしむ、初ワンマンは「集大成に!」 より続く】

――“イケてる”'16年で、印象に残った事ってありますか?

新:私自身アイドルオタクで、風男塾さんや中川翔子さんに憧れてアイドルを志したんですけど、追っ掛けもしてて、「TIF」(TOKYO IDOL FESTIVAL)は6年前の第1回からファンとして見に行ってたんですよ。アイドルとして1つの憧れのイベントだったので、ずっと出演したいってStand-Up!Hearts時代から思っていて、'16年に初めてイケてるハーツとして出演できたのが嬉しかった出来事の1つです。

10分のステージだったんですけど、1秒で終わってしまったんじゃないかっていうくらい楽しかったし、見てくれた人も「すごくいい顔してたよ」って言ってくれて、本当に思い出に残るステージでした。

――ファンとして行っていた「TIF」とは違いましたか?

新:やっぱり違いましたね。バックヤードに入るので、今まで別の世界の人だと思っていたアイドルの方とすれ違って「お疲れさまです」って言われたりして、「この人たちと同じ世界にいるんだ!」みたいな気持ちになりました。

ステージからの景色も演者にしか見られないので、「これがTIFのステージからの景色なんだ!」って。ライブハウスとは違う野外の空気感も楽しかったので、'17年はもっとたくさんのステージに出られるように頑張りたいです。

――舞波さんの“イケてる”'16年は?

舞波:私は「AFA」(Anime Festival Asia)での、2回目のシンガポール遠征ですね。'15年も行かせていただいたんですけど、私たちが予想していた以上に現地ファンの皆さんが熱くて、たくさん応援してくださって、最終日にはアンコールがもらえるほどでした。当時はまだ研究生だったんですけど、初めてのアンコールを経験したり本当に熱い3日間で、ずっと忘れられなくて。

そして'16年もファンの方々の応援で「AFA16」への出場権を勝ち取ってもらえて、またシンガポールに。空港に着いた瞬間から現地だけじゃなくタイや台湾など、アジアのファンの皆さんが歓迎してくれました。みんな「待ってたよ」みたいな感じで。それだけでもビックリして嬉しかったですし、ライブ以外にも「CHEERZ」ブースで実際にファンの方たちと交流して、優しさとか応援の熱さとかに感激してしまって。最終日には2年連続のアンコールを頂いて、みんな予期していなかったので泣きそうになっちゃって。

あと、食べ物もおいしくて! シンガポールのカニの味が忘れられなかったんですよ。それを2年連続で食べられたっていうことが、本当に幸せでした! 3年連続でカニを食べられるように、もちろんファンの皆さんにも会いに行きたいですし、「世界へはばたけ!」ということで世界にイケてるハーツの名前を広めていけたらいいなと思っています。

新:「待ってるよ」って海外からファンレターを送ってくれたりとか、インターネット番組にメールが来たりとかするので、会いに行きたいなっていう気持ちでいっぱいです。

舞波:海外からメールが来たり、Twitterでリプが来たり、海外からの熱い応援が届いてるので、海外でもいずれワンマンができるくらいになって、皆さんの期待に応えられたらいいなと思ってます。

――そしてワンマンライブの先、'17年はどんな年にしたいですか?

新:今回のワンマンライブが、次につながるといいなと思っています。今度は東京だけじゃなくて、海外はもちろんなんですけど、日本でも東名阪といったライブツアーができるくらいになりたいですね。まずは名阪でワンマンができるくらい、実力を付けたいなと思います。

舞波:ワンマンライブは1つの集大成と言っているんですけど、そこが終わりじゃなくてまたスタートなんだという気持ちを込めて'17年も、'16年に劣らないくらいに突っ走っていきたいなと思っています。そして、ワンマンを終えたらツアーで東名阪を回れたらいいなと思っていますし、そこから5大都市ツアーとか全国ツアーとかどんどん広げていって、いずれは私の地元・岐阜県でワンマンライブがしたいですね。あと、せっかくすてきなシングルを3枚も頂けたので、アルバムという形にできたらいいなと思っています。

――リリースイベントでは、すでに地方に行かれていますね。

舞波:リリースイベントだと名古屋、大阪、あとはプロモーションで岐阜県にも行かせていただいたんですけど、やっぱり地元のファンの方が喜んでくださいました。

新:普段、都内でのライブに来られない方もリリースイベントに来て、「ずっと応援してたよ」「見てたよって」って言ってくださったりとかして。3rdシングル「ルミカジェーン」では、初めてリリース前に名阪に行けたので熱量もすごかったし、3枚目にしてこんなにたくさんの方がイケてるハーツを知ってくれてたんだっていうのを感じて、もっと広げたいなと思いましたね。

舞波:大阪も名古屋も結構広い会場でやらせていただいて、名古屋は近鉄パッセの屋上ということで広かったんですけど、予想以上の方が集まってきてくれました。「ルミカジェーン」がサイリウムにちなんだ曲だったので、サイリウムをいっぱい光らせてくれて、知らない間にこんなにもイケてるハーツの輪が全国に広がってるんだなと思うと嬉しくもありましたし、もっと増やしていきたいなと思いました。

――地元の方に帰った反応はいかがでしたか?

舞波:岐阜県出身のアイドルっていうのがすごく嬉しいらしく、岐阜県のテレビ関係の方が温かく迎えてくださいました。1stシングルから行っているのでもう3回お世話になっていて、その度に「おかえり」って言ってくれて。今回も「頑張ってね」とか温かい言葉を頂きました。もっとイケてるハーツを大きくしていって、岐阜県からでもテレビとかでハーツの様子が見られるようになって、地元に貢献したり、地元をアピールできるようなアイドルになりたいなと思いましたね。

――では、最後にライブに向けてメッセージをお願いします。

新:初めてのワンマンライブなので、研究生時代からの思いや感謝を込めて、最高のステージを見せたいと思います。それと共に、イケてるハーツはエネルギッシュなグループだと思うので、パワーを全力で伝えたいし、感じ取ってほしいなと思います。

舞波:1月9日(月)に、私たちの1つの夢がかないます。ワンマンライブはこれからあるかもしれないですけど、初めてのワンマンライブは1回しかないので、絶対に見逃さないでほしいという気持ちがあります。見に来てくださった方に「来て良かった」と思っていただけるような熱いライブをしたいと思っていますので、ワガママになっちゃうんですけど、1月9日(月)はイケてるハーツの1stワンマンライブに来てください!