生誕から30年を迎える人気コミック『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画化が実現。映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は2017年8月4日(金)に公開いたします(配給:東宝/ワーナー・ブラザース映画)。


この度、世界中から熱い視線が注がれる本作の主人公東方仗助のビジュアルが解禁!

今回解禁されたのは、2017年の“ジョジョイヤー”の幕開けを飾る、山粼賢人が演じる主人公東方仗助の特別ビジュアル。

東方仗助は、杜王町に住む高校生で、普段は温厚で人当たりの良い性格で女子生徒にモテているが、自慢の髪型をけなされると激昂する一面を持ちます。さらに、「グレート」という口癖、不良っぽい喋り方だけでなく、個性的な髪型とファッションで、魅力溢れるキャラクター。

解禁となった実写版仗助ビジュアルでは、山粼が原作同様の個性的な髪型に、アクセサリーが胸元と襟元についた学ランに身を包んでいます。

山粼は、「仗助自身髪型と服装にすごくこだわりを持っているので、この髪型をセットして衣装を着ると、仗助として気合が入る。

仗助を演じるのに見た目から入るというのはかなり重要なことでした。そしてこの髪型と衣装はシッチェスの街にものすごく馴染み杜王町そのものだと思いました」と、自身の演じた役柄同様に髪型と衣装がいかに重要であったかを明かしています。

果たして、山粼が演じる仗助はどのような魅力で世界中を魅了するのか、今から来年の公開が待ちきれません!

シリーズ累計発行部数1億部を記録し、文化庁が主催する“日本のメディア芸術100選”マンガ部門では第2位にランキングされた『ジョジョの奇妙な冒険』。

ルーブル美術館で作品が展示され、グッチとのコラボレーションが話題となるなど、海外でも高く評価されています。

さらに、“人生のバイブル”に選ぶ著名なクリエイターや起業家が後を絶たないことから、作者の荒木飛呂彦が『日経ビジネス』の“次代を創る100人”にマンガ家として唯一選出されるなど、多方面で注目されています。

19世紀末のイギリスを舞台にした第1部から始まる“ジョジョ”と呼ばれる“ジョースター家”の代々の戦いを描く大河ストーリーから、今回映画化されるのは第4部『ダイヤモンドは砕けない』。この極上のサスペンスを、シリーズ化を見据えた製作体制で挑みます。

また、10月より始まったスペイン・シッチェス、そして日本での撮影も終了し、現在編集中。

さらに、主人公・東方仗助役に山粼賢人、仗助の同級生・広瀬康一役を神木隆之介、同じく同級生の山岸由花子役を小松菜奈、仗助と対立する虹村形兆役を岡田将生、形兆の弟・虹村億泰役を真剣佑、仗助の母親・東方朋子役に観月ありさ、仗助の祖父・東方良平役に國村隼、町の平和をおびやかす殺人犯・片桐安十郎役を山田孝之、仗助を導く空条承太郎役を伊勢谷友介と、最旬の若手俳優だけでなく、ベテラン俳優陣が脇を固め、日本映画界を代表する豪華俳優陣が結集!

豪華キャストとカンヌ国際映画祭など国内外で高い評価を受ける三池監督が、未だかつてない迫力と新感覚映像表現で世界へ挑む本作は、世界中の人々を驚愕させるべく、未知の領域へと突き進み続けています。

更なる続報にご期待ください。

【参考】

※ (C)2017映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

※ 『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』公式サイト

【画像】

※ (C)2017映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

【関連記事】

※ 映画マニアの斎藤工がオススメする!究極の恋愛映画♡

※ 映画コメンテーター・LiLiCoが選ぶ、冬のおすすめ映画!

※ イケメンよ火花を散らせ!ファインティング女子に捧げる惚れドキ映画3選

※ 観たら家から逃げ出したくなる…!デンジャラスなホラー映画3作品

※ ムロツヨシに単独インタビュー!映画「疾風ロンド」撮影裏話を語る