夢眠ねむさんの作品「夢土産#1 - 富士山」(実際の展示物の下書き)

写真拡大 (全2枚)

神田淡路町のAWAJI Cafe&Galleryで2017年1月6〜22日、美術展「startbahn presents 富士山展β」が開催される。

国内外の美術家を始め、デザイナーやマンガ家、アニメ監督、アイドル、起業家、研究者、などさまざまなクリエイターが一堂に会する。アイドルとしては唯一、女性アイドルグループ「でんぱ組.inc」の夢眠ねむさんが参加する。

ねむさん「よろしくお願い致します」

主催するスタートバーンは、「テクノロジーでアートの課題を解決する」という目標を掲げている。運営するウェブサービス「startbahn」と連動して「富士山」を共通のテーマとしたアート展を開催する。国内外のクリエイターが制作した作品は会期中、AWAJIに展示されるだけでなく、「startbahn」上でオークションにかけられる。

参加するクリエイターは総勢28人に及ぶ。現代美術家の鈴木秀尚氏や漫画家の氷川へきる氏、森田浩彰氏、現代美術家の榎本耕一氏などだが、中でも異彩を放つのは、女性アイドルグループ「でんぱ組.inc」の夢眠ねむさん。幼い頃から美術家を目指し、多摩美術大学情報デザイン学科に入学した。ファンの間では、1950年代の漫画作品に造詣が深いことでも知られる。

こちらが、ねむさんの出品作「夢土産#1 - 富士山」だ(実際の展示物の下書き)。ねむさんは1月4日、ツイッターで

「展示に参加します。エスキースがアップされてますがこれのちゃんとしたやつです。よろしくお願い致します」

と宣伝しており、コメント欄には

「2017年は芸術家・夢眠ねむの年ですね」
「夢は美術家キュンキュンねむきゅんキタ!!」

という声が寄せられている。