米・世界ブランド研究所はこのほど、2016年度版「世界のブランドトップ500」を北京で発表。中国からは、国家電網、工商銀行、ハイアール、チャイナ・モバイル、ファーウェイ、レノボなど、36ブランドがランクインした。写真はファーウェイの広告。

写真拡大

米・世界ブランド研究所(World Brand Lab)はこのほど、2016年度版「世界のブランドトップ500」を北京で発表。中国からは、国家電網、工商銀行、海爾(ハイアール)、中国移動(チャイナ・モバイル)、華為(ファーウェイ)、聯想(レノボ)など、36ブランドがランクインした。国際商報が伝えた。

14年度と15年度の同ランキングを比較すると、中国からランキングしたブランドは14年度の29ブランドから15年度には31ブランドに増加しており、16年度はさらに増えて36ブランドとなった。このように、ランク入りする中国のブランドは増加の一途をたどっているものの、欧米のエコノミーと比べると、まだ大きな差がある。今年の同ランキングを見ると、米国からは227ブランドがランク入りし最多。英国とフランスが41ブランドで2位につけている。以下、日本37ブランド、中国36ブランド、ドイツ26ブランド、スイス19ブランド、イタリア17ブランドと続く。

ランク入りする中国ブランドが少ない理由について、ケンブリッジ大学製造業研究院のスティーブ・エバンス教授が「中国の製造業は、規模が大きいだけで、技術やブランドの両方をバランスを取りながら発展させなければならない」と指摘すると、ハーバード・ビジネス・スクールのジョン・ダイトン教授も「米国の靴の90%は中国製だが、米国ブランドとして販売されている。製造地ではなく、消費者が最も関心を寄せる品質に重きを置いてブランドを構築しなければならない」との見方を示す。また、世界ブランド研究所の室長を務める、ノーベル経済学賞受賞者のロバート・ マンデル氏は、「現代経済の重要な特徴の一つはブランド主導。人々が世界の経済強国について知り、理解するのは、ほとんどの場合ブランドがきっかけだ。ブランドというのは、地域経済において生きている生命体で、コア・コンピタンスの最も分かりやすい部分であるため、政府関係者は、企業の首脳陣と同じく、ブランド戦略の研究を強化しなければならない」と指摘している。(提供/人民網日本語版・編集/KN)