20160105_j5.jpg

写真拡大

<昨年3月、韓国のイ・セドル九段を相手に圧倒的な強さを見せ話題を呼んだグーグルの人口知能「AlphaGo」がさらにバージョンアップして、日中韓のプロ棋士たちと対局、60戦全勝した。もはや人類はAIに屈服せざるを得ないのだろうか?>

 グーグルのAI開発の拠点であるDeepMind社の共同創立者デミス・ハサビスが5日、年末年始に「AlphaGo」の新バージョンで世界のトップ囲碁棋士と対局したことをツイッターで明らかにした。この「AlphaGo」の新バージョンについては科学雑誌natureのオンライン版や、昨年「AlphaGo」がイ・セドル九段と対局した韓国でもKBSなど各メディアが一斉に報じている。

DeepMind社の共同創立者デミス・ハサビスのツイート

 昨年3月、「AlphaGo」は世界のトップ棋士のひとり、イ・セドル九段と7日間、5回にわたる対局を行い、4勝1敗という成績で勝利。韓国棋院から「名誉九段」の認証書を贈呈された。

(参考記事:グーグルAlphaGoとイ・セドル九段の対局、盛り上がりは人工知能のことだけではなかった

 その後、DeepMind社はAlphaGoをさらにバージョンアップさせ、その小手調べとして年末からオンラインで非公式の対局を行っていたという。まずAlphaGoは、12月29日から31日まで韓国のオンライン対局サイトTYGEM(日本でのサービス名:東洋囲碁)で「Magister」というアカウント名で韓国の囲碁ランキング1位のパク・ジョンファン九段を相手に5連勝した。さらに他の韓国の棋士たちにも勝ち続け、結局30連勝して終えた。

TYGEMに登場した「Magister」

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部