パナソニックは5日、ウォルトディズニーと戦略的提携関係を結んだことを発表した。同社のプロジェクターなどの映像処理技術が、ウォルトディズニーワールドリゾート(フロリダ州レイクブエナビスタ)とディズニーランドリゾート(カリフォルニア州アナハイム)の「公式プロジェクション技術」として認められた。

 5000ルーメン以上の高輝度プロジェクターで世界トップシェアのポジションにあるという同社は、これまでも米国のディズニーに映像機器を提供してきた実績がある。

 ディズニーのコーポレートアライアンスを担当のカルロス・カストロ副社長は「ウォルトディズニーワールドリゾートとディズニーランドリゾートで、来園者が他では体験できないような革新的な体験をパナソニックと共に提供していく」と述べている。