ハン・ソロの若き日を描く
スピンオフ映画に出演か Photo by Pascal Le Segretain/
Getty Images

写真拡大

 米俳優ウッディ・ハレルソンが、「スター・ウォーズ」シリーズの人気キャラクター、ハン・ソロの若き日を描くスピンオフ映画で出演交渉を行っていることがわかった。

 米ハリウッド・レポーター誌によれば、交渉は初期の段階で、ハレルソンはハン・ソロの師を検討中のようだ。かねて米ウォルト・ディズニーやルーカスフィルムは、同役にクリスチャン・ベールらを検討していたという。

 タイトル未定の本作では、新鋭オールデン・エアエンライク(「ヘイル、シーザー!」)が主演に抜てきされており、ハン・ソロの親友ランド・カルリジアン役をドナルド・グローバー(「オデッセイ」)が演じるほか、「ゲーム・オブ・スローンズ」のエミリア・クラークが共演。「LEGO(R) ムービー」のクリストファー・ミラー&フィル・ロードが監督を務める。全米公開は、2018年5月25日を予定している。

 大ヒット「ハンガーゲーム」シリーズでも主人公の指南役を演じたハレルソンは、「猿の惑星」シリーズの最新作「猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)」が今年公開されるほか、監督デビュー作「Lost in London(原題)」の準備も進めている。