3日、鬼鬼の愛称で知られる女性タレントのエマ・ウーの足が異常に太くなった写真が、ネットユーザーを仰天させた。

写真拡大

2017年1月3日、鬼鬼(グイグイ)の愛称で知られる女性タレントのエマ・ウー(呉映潔)の足が異常に太くなった写真が、ネットユーザーを仰天させた。網易が伝えた。

【その他の写真】

台湾の女性アイドルグループ・黒Girlのメンバーだったエマ・ウーは昨年、韓国の大手芸能事務所・CJエンターテイメントと所属契約を結び、韓国へ進出。10月にはミニアルバム「GEMMA」と韓国語で歌うシングル曲「Sugar Rush」をリリースし、大きな飛躍の一年となった。

3日、台北でスマホ新機種の発表イベントに登場したが、この時の写真がネット上で話題に。問題の写真は、ステージ上で女性ダンサーに囲まれて「Sugar Rush」を歌う姿を写したものだが、太ももが異常に太くなり、巨大化している。しかしよく見ると、ダンサー2人の太ももが、ちょうど後ろにいるエマ・ウーのボディーとつなぎ合わさって見える“面白写真”だというのが分かる。

昨年は大きな転機を迎え、ソロ歌手として新たな一面を見せたが、「今年は女優としても飛躍したい」と語る。目標とするのは、演技派女優のスー・チー(舒淇)。現在、手元に映画やドラマのオファーが届いているが、どれも彼女の明るいキャラクターに合ったコメディータッチの作品ばかりなので、もう少しイメチェンを図れるような作品との出会いを待っている状態だという。(翻訳・編集/Mathilda)