KOREAN DESSERT CAFE「ソルビン」の人気メニュー「きな粉餅ソルビン」

写真拡大

韓国で一大ブームとなったコリアンデザートカフェ・ソルビンの日本2号店となる「SULBING TENJIN(ソルビン テンジン)」が2月3日(金)にVIORO(福岡市中央区天神)にオープンする。

【写真を見る】席数は70席を予定。旬素材を使った季節限定メニューや、テイクアウト商品も販売予定 ※画像はイメージ

“ソルビン”とは、韓国の伝統菓子であるパッピンス(かき氷)を進化させた新しい食感のかき氷。口に入れた瞬間すっと溶けてしまうパウダースノーのようなふんわりとした食感と、氷なのに冷たく感じない新しい感覚が特徴だ。

2013年に韓国・釜山に1号店を構え、韓国で一大かき氷ブームを巻き起こし、現在は韓国で500店舗以上を展開する人気店へ成長。2016年6月には東京・原宿に日本1号店をオープンし、開店時は約4時間以上、長蛇の列が絶えなかった人気ぶりだ。

「SULBING TENJIN」では、約70席を用意し、季節ごとに旬の素材を使った季節限定メニューを展開する予定だ。話題のスイーツを味わいに行ってみよう!【福岡ウォーカー編集部/鶴田知子】