1

「日清ラ王 カップ麺」シリーズよりワンランク上の「日清ラ王PREMIUM」に、高級中華料理店で食べるような贅沢な味わいが楽しめる「フカヒレスープ味」が2017年1月2日(月)から登場しています。本当に「土鍋でじっくり煮込んだフカヒレスープのような濃厚な味わい」になっているのか、実際に食べて確かめてみました。

「日清ラ王PREMIUM フカヒレスープ味」(1月2日発売) | 日清食品グループ

https://www.nissin.com/jp/news/5682

日清ラ王PREMIUM フカヒレスープ味を買ってきました。高級中華料理店を思わせるデザインのパッケージになっています。



フタにはレンゲですくったフカヒレ……かと思ったら、右端に「フカヒレ風のかやくは、ゼラチン加工品です」の注意書きを発見。



原材料を見てもフカヒレは入っていない様子。



1食あたりのエネルギーは555kcalです。



フタを開けると中にはかやく・調味オイル・液体スープが入っていました。



先入れのかやくを開けると、干しエビのような香りがしてフカヒレっぽさがあります。



お湯を入れて食べられるのは5分後。フタの上で残りのスープ類を温めておきます。



5分たったらスープ類をよくもみほぐして入れる必要があるとのこと。



全部入れてよくかき混ぜたら完成です。



まずは中央にかき集めたフカヒレ風かやくを食べてみます。プチプチした食感で濃厚なスープと相まって、フカヒレスープと言えなくもないかも。



麺はさすがラ王というべき「まるで生めん」なもちもち食感で、お湯で戻しただけとは思えないレベル。一般的なカップラーメンの常識をぶち破っています。



フカヒレ風かやくは、お湯を入れてかき混ぜるとあちこちに散らばってしまいましたが、けっこう入っています。



青梗菜やコリコリのきくらげも中華スープっぽさを演出。



スープは油分が多めでとろみのあるこってり系で、端の方はよくかき混ぜないと油が浮いてきます。カップラーメンにありがちなジャンクな気配は一切なく、醤油ベースで高級感のある仕上がり。ただし、かなりこってりなので、飲み干すのはちょっと厳しいかも。「高級なフカヒレスープを味わえる」と思うと肩すかしを食らうかもしれませんが、高級価格帯のカップラーメンとしては、こだわりを感じる仕上がりとなっていました。



なお、日清ラ王PREMIUM フカヒレスープ味は税別290円で販売中です。