撃沈! 失敗する「恋の駆け引き」・6選

写真拡大

気になる人が突然「駆け引き」をしてくると、それが本当に駆け引きなのか、それとも気持ちに変化があったのか、見抜けなくて困惑するもの。そこで社会人男性に「気になる人にしたところ、裏目に出てしまった恋の駆け引き」について教えてもらいました。

■好意で贈ったプレゼントが逆効果に

・「よかれと思って花束渡したら、相手の女性の人が花粉症だったみたいで、女性の人が怒って『治りつつある鼻水が悪化したらどうするつもり』と自分に尋ねてきたとき、ショックで言葉が出てきませんでした」(28歳/農林・水産/営業職)

・「なんでも買ってあげたいと思ってしまうが、それは重いと感じたと言われた」(29歳/医療・福祉/その他)

まだ付き合っていないのにプレゼントが高価すぎたり、自分の好みじゃなかったりするとせっかくの好意が逆効果に。付き合う前のプレゼントには要注意?

■連絡を取りすぎてしまい、二人とも飽きてしまった

・「連絡を取りすぎて、二人とも飽きた」(31歳/その他/営業職)

・「バンバンメールをしてしまい、ウザいと思われた」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

付き合う前からメールやLINEのやり取りをしすぎると「もう相手のことを全て知った気分」に!? 早く付き合っておけばよかった……と後悔する瞬間です。

■冷たくしたら引かれてしまった

・「ちょっと冷たくするというのは女性には通用しないと思う。女性は切り替えが早いので、すぐに恋愛対象から外されてしまう」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「引き過ぎたところ。押してもダメなら引いてみろと言うけども引き過ぎるとかえって離れてしまった」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

恋の駆け引きで失敗しやすいのがこのパターンかもしれませんね。押す一方の男性に引かれてしまうと「アプローチ終了」の合図に見えやすい?

■コミュニケーションを取ろうとしたのに失敗

・「色々聞きだそうとしたのに、結局自分の話が主体になったこと」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の考えを正直に伝えていたら、正論で相手を追い詰めていてしまっていたこと」(31歳/情報・IT/技術職)

会話がうまくかみ合わない相手とコミュニケーションを取ろうとしても、結局自分中心の話になりがちですよね。会話の駆け引きができるかどうかは相性次第?

■好意を伝えすぎて、自分のことを誤解されてしまった

・「『かわいいね』と言いすぎて信用されなくなった」(31歳/機械・精密機器/その他)

・「ハートマークを使い過ぎてチャラいと思われた」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

これは男性に多い駆け引きの失敗パターンかも? あまりに押しすぎだと遊び人風に見えてしまうことが……。女性も好意を読みにくいパターンかもしれませんね。

■理解者風を装っていたら、自分が恋愛対象外に

・「恋を応援する感じで相談役に徹していたら、本当にうまくいっちゃった」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「街コン参加を賛成したら本当に行ってしまった」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

気になる女性が困っていたら、つい悩みを取り除いてあげたくなるもの。ただこれもやりすぎると、他の人に女性を取られてしまうことが?

押しすぎると引かれ、かといって引くと成功するとも限らないのが恋の駆け引き。何かと相手に誤解を招きがちな、危険なテクニックですよね。この恋の駆け引きが成功するかどうかも、相手との相性次第……なところがあるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人男性)